読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなTVレシピ食堂

テレビで紹介された料理のレシピ、作り方を詳しく解説しています。テレビよりさらに分かりやすい♪テレビ番組のレシピです。

世界中の食通をうならせる「ペルー料理」に首ったけ♪

今回のテーマは、南米ペルー。その魅力はマチュピチュや地上絵だけではありません。“食卓はアンデス原産の食材で溢れている”ともいわれるアンデス、魚介天国の海岸地帯、そしてアマゾン・・・変化に富んだ自然がもたらす豊かな食材と、伝統的な食文化に欧州やアフリカ、アジアからの移民が持ち込んだ食文化が融合し、千変万化して発達したのがペルー料理。そのバラエティの豊かさには、南米きっての美食大国との声も多く、近年、世界中から注目を集めています。そんなペルーへ実際に渡り経験を積み、ペルー料理の素晴らしさをもっと知ってほしいと活動する荒井商店荒井隆宏シェフに、ペルー料理の魅力とレシピを教えていただきました。

真鯛のセビーチェ(ペルー風 魚介マリネ)

真鯛のセビーチェ(ペルー風 魚介マリネ)

セビーチェは、新鮮な魚介を、たっぷりのレモンとその魚介に合わせたハーブなどを加えたマリネ液に漬けて仕上げたもの。毎年6/28はセビーチェの日と制定されているほど、ペルー人に愛されています。セビーチェにつきものなのが、チョクロとカモテ。チョクロはもちもちの食感で甘くない、真っ白なとうもろこし。カモテはさつまいも。どちらも南米ではポピュラーな食材です。また、ペルー料理に欠かせないのがとうがらし「アヒ」。セビーチェに使われるのは「アヒ・リモ」で、生食に適した爽やかな辛味が持ち味。また、セビーチェのマリネ液は、現地では残さず飲み干すそう。食後の胃をさっぱりとさせてくれるので、ぜひご賞味あれ。

レシピを見る

ツナマヨネーズのカウサ(ペルー風 ポテトサラダ)

ツナマヨネーズのカウサ(ペルー風 ポテトサラダ)

トマトやカボチャ、落花生、じゃがいも、とうがらし、はたまた最近注目のキヌアまで、実はすべてルーツをたどるとペルーに辿りつきます。なかでもじゃがいもは、今ではペルー国内でも3000種類以上の品種が栽培され、ペルー人の食卓には欠かせない食材。じゃがいも料理の豊富さも、原産国ならではです。カウサは家庭でも定番のポテトサラダ。ここで使うとうがらしは「アヒ・アマリージョ」という黄色とうがらしで、ペースト状にしてマッシュポテトと合わせることで、鮮やかな黄色に染まります。見た目もケーキのように美しいので、色のバランスを考えて思い思いのカウサを作ってみましょう!

レシピを見る

ロモ・サルタード(ペルー風 牛肉と野菜の炒め物)

ロモ・サルタード(ペルー風 牛肉と野菜の炒め物)

ペルーは、古くから多くの移民を受け入れてきた多民族国。ロモ・サルタードは、19世紀に移民としてやってきた中国人の影響を受けて生まれたといわれています。なので、作り方も中華風。肉も野菜も食べやすく切りそろえておくこと、調味料をはかっておくこと、準備ができたら強火で一気に仕上げること、これがポイントです。辛味づけには刻んだアヒ・アマリージョ、そして素揚げしたじゃがいもを添えることで、ペルーらしさをプラス。酢や醤油などアジア系の調味料が使われているので、初めて食べるのにどこか懐かしく、ごはんとの相性も抜群!

レシピを見る

自分で作る前に、本場の味はどんなものか知りたい、という方は、ぜひお店で、荒井シェフの料理をいただいてみましょう。洗練されたその味わいに、きっと胸がときめいてしまうはず。特にロモ・サルタードは本来炎を入れて香ばしく仕上げるものなので、その香ばしさを存分に楽しめますよ!

文:一杉さゆり
写真:千々岩友美

昆布料理

春キャベツのブレゼ(蒸し煮)

17040701  

 

<材料(4人分)

・春キャベツ:1/2個
・セロリ:1本
・スナックえんどう:12本(100g)
・ベーコン 4枚
・にんにく:1片
・白ワイン:50cc
・昆布だし:100cc
・オリーブオイル:大さじ2
ローリエ:1枚
・塩こしょう:少々
・オリーブオイル、昆布:適宜

 


17040702



<作り方

one キャベツは4等分にくし形に切る。スナックえんどうは筋を取っておく。

two セロリは筋を取り、茎はスティック状に5cm~6cm長さに、葉はざく切りにしておく。

three ベーコンは、4等分に切っておく。

four 厚手の鍋に、オリーブ油を入れ、皮をむいて半分に切ったにんにくを入れて香りを移す。

five 春キャベツ・セロリ・スナックえんどう・ベーコンを入れ、昆布水・白ワイン・ローリエを入れて、最後にセロリの葉を散らす。蓋をして約15分蒸し煮にする。

six 塩・こしょうで味つけをする。

seven お皿に盛り付け、オリーブオイル昆布を乗せる。
  ※オリーブオイル昆布(細切り出汁がら昆布をオリーブ油につけた物)  

 

BY  植谷佐江子昆布大使/野菜ソムリエ、栄養士・食育マイスター講師

    こんぶネット

 

 

昆布料理・塩こん部長・トマトがブームのようです 「キャベツとトマトと塩昆布」

【キャベツとトマトと塩昆布】
所要時間 :15分
分量:3〜4人分 

食材
キャベツ 150g・・・千切り
トマト 1個・・・1cmの賽の目切り
パセリ 少々

調味料
塩昆布(塩こん部長) 5g
胡麻油 小さじ1
塩 小さじ1/2

①キャベツを千切りにし、塩を振って冷蔵庫で10分程放置。

②①を取り出し、水気を絞ってボールに入れます。

③②に塩昆布を入れて軽く和えます。

④賽の目切りにしたトマトと胡麻油を混ぜてささっと和えます。

⑤お皿に移して上からパセリをかければ完成です。

IMG_4853.jpg

食べ応えのあるサラダです。

胡麻油が食欲をそそりますね。

お酒とも合いそうです!!


キャベツ、トマトとも塩昆布との相性が良いので、

組み合わせば間違いありません。

塩こん部長の優秀な部下達と言った所でしょうか??

 

出汁は和食の命!丁寧に引いた「白出汁が決め手の料理」

日本人がはるか昔から培ってきた伝統的な食文化、和食。その和食において、すべての基本となり心臓ともいえるのが、出汁です。日本人たるもの、一度はきちんと出汁を引いてみたいもの。食材によって数多ある出汁のなかから、今回は“白出汁”にフォーカス! 釜あげうどん専門店・根津釜竹店主 平岡 良浩さんに、うどん屋直伝の美しい白出汁と、それを活用した3品のレシピを教えていただきました。シェフのご実家はカツオ節屋とあって、昆布に3種類のカツオ節を合わせて出汁を引きます。それぞれのカツオ節の役割とセオリーをしっかり守って、麗しの白出汁の世界に飛び込んでみましょう。

うどん屋直伝 揚げ餅うどん

うどん屋直伝 揚げ餅うどん

白出汁を味わう料理として、王道とも言えるのがうどん。丁寧に引いた白出汁に、煮切りみりんと薄口醤油、煮切り酒を加えた上品なつゆは、旨味、酸味、塩味、香りのバランスが絶妙! そこに加えるうどんは、多すぎるかな、と思うくらいたっぷりの湯で茹でるのがポイント。麺を入れたら、湯を常に沸騰させ、湯の中でうどんが踊っているような状態を保つよう火加減を調整します。餅は、食べやすい大きさにカットして揚げることで、つゆとのからみもよく、かつ、香ばしさとコクもプラスされます。香味野菜もふんだんに添えて、ボリュームがありながらもぺろりと食べられる一品に。

レシピを見る

季節野菜の鶏そぼろ餡かけ

季節野菜の鶏そぼろ餡かけ

こちらはお酒のつまみにもピッタリの椀もの。香ばしく揚げた旬野菜に、白出汁を使った鶏そぼろあんをかけただけのシンプルな一品だけに、出汁の美味しさが際立ちます。酒・みりんは煮切っておく、鶏挽き肉は煮切り酒でほぐしておく、里芋は下茹でをしてから白出汁で煮ておく、といった和食ならではの手間をかけておくことで、段違いの仕上がりに。なんといっても鶏そぼろあんは、上品な白出汁にジューシーな鶏の旨味が加わって、残さず飲み干したくなるほどの美味しさ! さらなる魅惑の白出汁の世界を垣間見ることができるはず。

レシピを見る

大根サラダ

大根サラダ

白出汁を、さっぱりとしたポン酢にアレンジ。ポン酢との絡みをよくするため、大根は薄~く桂剥きに、繊維に沿って細~く千切りに。なめらかで、シャキシャキの食感が叶います。包丁さばきの練習にもなりますね。シンプルな一品ですが、シェフならではのひと工夫を加えているのがポイント。白出汁の旨味だけでなく、大根に昆布パウダー(グルタミン酸)と削り立てのカツオ節(イノシン酸)という、さらなる旨味の元を重ねることで、口の中で「おいしい!」が幾重にも寄せては引き、引いては寄せる、箸が止まらない仕上がりになります。ポン酢はサラダのドレッシングとしてだけでなく、冷や奴や鍋料理にも使えますね。

レシピを見る

今回ご紹介の白出汁は、昆布に含まれるグルタミン酸とカツオ節のイノシン酸という2種類のアミノ酸の相乗効果によって、劇的な旨味をもたらす合わせ出汁。さまざまな料理に使えるので、ぜひ習得しておきましょう。和食の基本である出汁を知り、出汁を活用する知識を得ることで、よりいっそう料理が楽しくなるはずです。昆布パウダーは、料理にふりかけにと活躍するので、作り置きしておくと便利ですよ♪

文:一杉さゆり

木村文乃が「ふみ飯」レシピを公開! 『ぶり大根』

さまざまなドラマやCMに引っ張りだこの大人気女優・木村文乃といえば、作った料理をinstagramで公開しているほど料理好きとしても知られている。

そんな木村が国内最大のレシピ動画サービス『クラシル』のCMに出演することも話題になっているが、それを記念して自身の得意料理『ぶり大根』を披露する動画も公開中。

 

 

■最強に人気のある女優のレシピは最強なはず

最強に人気のある女優が最強動画サービスで公開しているレシピなら、きっと最強にウマいに違いない!

ということで、Youtubeで公開されている動画を観つつ、実際に木村文乃流のぶり大根を作ってみることにした。

 

 

■文乃流ぶり大根

作り方は非常に簡単だが、大根を煮るときにえぐみを摂るため米を入れたり…

昆布やかつお節で出汁をとるなど「シンプルかつ丁寧」に作っていることが分かるレシピ。

ぶりに塩を振って熱湯をかけ臭みを取ったら…

あとはとっておいた出汁をかけ、調味料を入れて煮れば完成。

味付けは非常にアッサリしており、ご飯のお供というよりはそのままでいただくとちょうど良い美味しさである。

詳しい作り方は、ぜひYoutubeで公開されている動画をチェックしてみよう。

づけ刺身のおからあえ/きょうの料理

4月5日(水)のきょうの料理

月曜日から料理研究家の「コウケンテツ」さんの

「こうさんちの食卓」レシピを紹介してきました。

本日はその最終日でテーマが「食卓で家族旅行」。

旅の思い出は料理を通じて伝えるのが一番!というコウさんの持論。

お土産や写真はすぐに忘れてしまうけど旅先で出会った料理を作れば、

みんなの記憶に残るそうです。

中でも家族に評判だった料理を紹介します。

2品目は九州の漁師さんに教わった

「づけ刺身のおからあえ」。

余った刺身をづけにして、おからがう甘みを余さず包みます。

 

づけ刺身のおからあえ(2人分)

  • あじ、たいなど余った刺身(約120g)・・お好みの刺身
  • おから(50g)
  • 青じそ(6枚)
  • すりおろししょうが(1かけ分)
  • 白すりごま(小さじ1)
  • 小口切りの細ねぎ(大さじ1〜2)

づけ汁

  • 醤油(大さじ1・1/2)
  • 酒(大さじ1・1/2)・・煮きって冷ましたもの
  • みりん(大さじ1)・・煮きって冷ましたもの

合わせ調味料

  • だし(大さじ2)
  • 砂糖(大さじ1/2)
  • 塩(こさじ1/3)
  • 酢(小さじ1/2)

づけ刺身のおからあえ

  1. 刺身(約120g)は小さく切り、づけ汁の材料を合わせたところに30分間ほどつけておきます。
  2. おからを小鍋に入れて、合わせ調味料の材料を加え、弱火で混ぜながら炒ります。ふんわりとしたらバットに取り出して冷まします。※おからは調味料を加えると焦げやすいので注意します。
  3. 1の汁気をきってボウルに入れて2を加えてさっくりとあえます。器に盛り付けて青じそ(6枚)とすりおろししょうが(1かけ分)を添えて、すりごまと細ねぎを散らして完成です。

 

とても美味しそうですね。

刺身が余らなくても作ってみたいです!

ぜひ作って食べたい1品です。

豚肉のしょうが焼き/上沼恵美子のおしゃべりクッキング

今週の「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」のテーマは

「おかずのABC」ということで、定番おかずの基本レシピを紹介してくれます。

4月6日(木)は「豚肉のしょうが焼き」。

豚肉は合わせだれに10分つけて、

フライパンで焼き色をつけるのがポイント。

豚肉を焼いて一度取り出し、野菜を炒めて、

再び豚肉を入れてタレと一緒に炒める2度焼きが美味しさの秘訣です。

 

豚肉のしょうが焼きの材料(2人分)

  • 豚肩ロース肉(250g)・・しょうが焼き用
  • 玉ねぎ (1個)
  • ピーマン (2個)
  • キャベツ (100g)
  • トマト( 1/2個)
  • 油 (適量)

合わせだれ

  • 酒 (50ml)
  • みりん (50ml)
  • しょうゆ (50ml)
  • おろししょうが (30g)
  • おろしにんにく (5g)

豚のしょうが焼きの作り方

  1. 豚肩ロース肉(250g)は半分に切り、玉ねぎ(1個)とトマト(1/2個)は一口大のくし形に切り、ピーマン(2個)は一口大に切り、キャベツ(100g)はせん切りにします。
  2. 合わせだれの材料を混ぜ合わせ豚肉を10分つけます。
  3. 2をザルに上げて汁気をきり、フライパンに油(適量)を熱し、豚肉の両面を中火で香ばしく焼いて取り出します。
  4. 3のフライパンをふき、油(少量)で玉ねぎ、ピーマンを中火で炒め、豚肉を戻し入れて炒め、2を半量入れて炒め、全体にからんだら残りを加えて強火で手早くからめます。
  5. 器にキャベツ、トマトを盛り、4を盛り完成です。

 

タレがだれもが好きな味ですよね。

野菜も一緒に炒めるのでボリュームもありますね。

食べたくなるしょうが焼きです。

 

焼き鳥の新玉ねぎ和え/キューピー3分クッキング

4月5日(水)のキューピー3分クッキングは

理研究家の「田口成子」さんが、

今が旬の新玉ねぎを使ったレシピを紹介します。

「焼き鳥と新玉ねぎ和え」は、

甘さを抑えたさっぱり味にの味付けで。

新玉ねぎは水にさらして、しっかりと水気を拭き取ってから和えます。

 

焼き鳥と新玉ねぎ和えの材料(4人分)

  • 鶏もも肉 (2枚)・・500g
  • 塩(小さじ1/2)
  • 粗びき黒コショウ(少々)
  • 小麦粉(適量)
  • 新玉ねぎ (1個)・・300g
  • 赤唐辛子 (1本)
  • だし汁 (カップ1/2)
  • 醤油(大さじ2)
  • 酢 (カップ1/4)
  • 砂糖 (小さじ2)
  • 油(大さじ1・1/2)

焼き鳥と新玉ねぎ和えの作り方

  1. 鶏肉(2枚)は皮目を下にして置き、数本切り込みを入れて筋を切り、塩(少々)、粗びき黒コショウ(少々)をふります。
  2. フライパンに油(大さじ1・1/2)を熱し、薄く小麦粉(適量)をまぶした鶏肉の皮目を下にして並べ入れ、中火で5〜6分焼きます。焼き色がついたら返し、弱めの中火で5〜6分焼き、中まで火を通します。粗熱をとり、2〜3cm角に切ります。
  3. 新玉ねぎ(1個)は繊維に沿って薄切りにし、水に5分ほどさらし、ザルに上げて水気をきります。赤唐辛子(1本)は種を除いて小口切りにします。
  4. ボウルにだし汁(カップ1/2)、醤油(大さじ2)、酢(カップ1/4)、砂糖(小さじ2)を入れて混ぜ、2と3を加えて和えて完成です。

 

さっぱり味でたくさん食べれそですね。

ポン酢をかけてシソを添えても美味しそうです。

新玉ねぎとても美味しいですよね!

 

山野辺シェフの何にでも使える絶品!醤油マスタードのごまソース/おびゴハン

4月4日(火)放送の「おびゴハン」では、

今が旬の「新玉ねぎ」を使ったレシピが紹介されました。

1品目は「新玉ねぎのシュウマイ」で、

さらに副菜として北斗晶さんが

「新玉ねぎのパリパリサラダ」のレシピを紹介してくれました。

続いて「新玉ねぎのシュウマイ」で

一緒に作った山野辺シェフオススメの

「醤油マスタードのごまソース」のレシピを紹介します。

 

醤油マスタードのごまソースの材料(作りやすい分量)

  • からし(小さじ2)・・お好み量で
  • すりごま(小さじ2)
  • 醤油(大さじ2)
  • 酢(大さじ2)
  • 砂糖(大さじ2)
  • ごま油(小さじ2)

醤油マスタードのごまソースの作り方

  1. ボウルに醤油(大さじ2)、酢(大さじ2)、砂糖(大さじ2)、ごま油(大さじ2)を入れて混ぜ合わせます。
  2. からし(小さじ2)はお好み量を加えて、さらにすりごま(小さじ2)を加えてよく混ぜれば出来上がりです。

 

このソースは、

作っておけばサラダや焼いた魚などにもオススメです。

冷蔵庫で10日保存可能です。

からしをわさびや山椒に変えても合いますよ。

作るのが簡単だし、

とても重宝しそうなタレですよね。

ぜひ作り置きしたいと思います。

 

2017 31 Mar 鶏団子のスープ春雨/上沼恵美子のおしゃべりクッキング

今週の「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」のテーマは

「スパイス&ハーブ」です。

そして3月31日(金)の今日は

タレントのアンミカさんをゲストに

「鶏団子のスープ春雨」のレシピを紹介してくれました。

仕上げに香草とバジルをのせた、

アジアンテイストなベトナムのフォーのような一品です。

 

鶏団子のスープ春雨の材料(2人分)

  • 鶏ひき肉(170g)
  • ニンジン(50g)
  • はるさめ(80g)
  • もやし(40g)
  • 赤玉ねぎ(40g)
  • 香菜(1株)
  • バジル(6枚)
  • ライム(1/2個)
  • 熱湯(1リットル)
  • 塩(小さじ1)
  • ナンプラー(大さじ1.5)
  • しょうが(薄切り5g)

<鶏団子の味つけ用>

  • 塩(小さじ1)
  • 溶き卵(大さじ2)
  • 片栗粉(小さじ2)

鶏団子のスープ春雨の作り方

  1. 香菜(1株)は2cmの長さに切ります。
  2. バジル(6枚)は手でちぎって、香菜といっしょに水で洗い、水気を取ります。
  3. 赤玉ねぎ(40g)は繊維に逆らって薄切りにし、もやし(40g)と混ぜます。
  4. ニンジン(50g)はすりおろします。
  5. ライム(1/2個)は2mmの厚さの輪切りにします。
  6. ボウルに鶏ひき肉(170g)、塩(小さじ1)を入れてよく練り、溶き卵(大さじ2)を少しずつ加えて練り、ニンジンを混ぜ、片栗粉(小さじ2)を加えて混ぜ合わせます。
  7. お鍋に熱湯(1リットル)を沸かして火を止め、肉ダネを12個の団子に取って入れます。
  8. 再び火にかけて煮立て、アクを取ってから中火で2分ほど煮ます。
  9. 塩(小さじ1)、ナンプラー(大さじ1.5)、しょうがの薄切り(5g)を入れ、はるさめ(80g)をほぐしながら入れて3分ほど煮たら、ライムを入れます。
  10. 器にはるさめ、鶏団子、ライムを盛り、もやし、赤玉ねぎをのせてスープを注ぎます。
  11. 仕上げに香菜、バジルをのせれば出来上がりです。

 

春雨は乾燥した状態で入れていいそうですよ。

ベトナムのフォーはライスヌードルですが、

春雨を使う事で日本でもお手軽に再現したレシピですね。

情報ライブ・ミヤネ屋

ブリ大根

紹介した料理

以前のブリ大根をご主人が食べると、「臭くて食べられない」と言って必ず残していた…。
そこで先生に教わった「ブリ大根」を食べると、「全然臭みがない」「これなら食べられる!」と臭いに敏感なご主人から大絶賛の声が!

 

レシピ

 
材料
(4人分)
・ブリ(切り身) 4切れ ・大根 400g
・ショウガ(薄切り) 15g ・柚子 適量

【煮汁】
・昆布だし 200cc ・酒 200cc ・砂糖 大さじ3
・みりん 大さじ3強 ・濃口しょう油 大さじ5
作り方
【材料の下準備】
(1)ブリの下処理をする。塩とうま味調味料を合わせたものをブリの両面に振り、
 水分が出て来るまで約20分冷蔵庫で寝かせる。
★塩とうま味調味料を合わせて使うことで、臭みが引き出されると同時にうま味が染み通り、
 臭みを限りなく抑えられる。
★塩とうま味調味料を、すり鉢で粒子を細かくして、浸透しやすいようにする。
(2)ブリから水分が出るのを待つ間に、大根の下処理をする。大根の真ん中の部分を2.5cm幅の輪切りにする。
 大根の皮をむいて、煮崩れないように面取りをする。
★煮物のときは、真ん中の部分が最適。

★十字に隠し包丁を入れて、味を染み込みやすくする。
(3)水にお米(適量※分量外)を加え、大根を下ゆでする。中火で約25分下ゆでし、竹串が通るようになれば、
 流水にさらす。
 仕上げに氷水でしめて、キッチンペーパーなどで水分を拭き取る。
★お米を加えると、大根の辛みが取れて、色がきれいに仕上がる。
★沸かした状態から下ゆですると、大根の臭みが中にこもるため、
 水の状態から下ゆでする。
★流水にさらすと、大根の臭み・辛みが取れる。
(4)ブリから水分が出てきたら、キッチンペーパーなどで拭き取る。ブリを1切れずつサッと湯通しする。
 身が白くなれば、氷水に漬ける。
★出てきた水分が臭みの元なので、しっかりと拭き取る。
★臭みが強い皮の部分から先に漬ける。
★うま味が逃げるので、すぐにザルに取り出す。
【煮る】
(5)酒(200cc)を鍋に入れて沸かし、アルコールを飛ばす。
(6)酒が沸いたら、昆布だし(200cc)みりん(大さじ3強)を加える。
(7)大根は、隠し包丁を入れた面を下にして入れる。
(8)重ならないように、ブリは隙間に入れる。臭み消しのため、ショウガの薄切り(15g)を加えて沸かす。
 ある程度アクを取り除いたら、紙ブタをしてさらにアクを吸い取らせる。
★臭みの元であるアクが出て来たら取り除く。
(9)沸いているところに砂糖(大さじ3)を加え、約5分煮て甘みをつける。★砂糖→しょう油の順番に入れると味のバランスが良くなる。
(10)砂糖と同様に、沸いているところに濃口しょう油(大さじ5)を加える。弱火で約30分煮たら、
 火を切って自然に冷ます。
★沸いているところに入れると、全体に早く行き渡りやすい。
★冷ましてから置くことで、味がよく染み込む。
★一晩寝かせると、格段に味が良くなる。
(11)食べる時に温めて盛り付ければ、完成。

たけのこのわさび和え/おかずのクッキング

 

 

IMG_1847

3月11日(土)の「おかずのクッキング」は

浅草緑泉寺の住職「青江 覚峰」さんが春の食材

「菜の花」と「たけのこ」を使ったレシピを紹介してくれます。

2品目は「たけのこのわさび和え」。

旬のたけのこを自家製のわさび漬けで和えてた絶品の和え物です。

 

たけのこのわさび和えの材料(2人分)

 

  • わさび(50g)
  • 塩(小さじ1 小さじ1 少々)
  • 酒粕(50g)
  • 酒(大さじ1)
  • みりん(大さじ1)
  • 砂糖(小さじ1)
  • たけのこ(200g)・・水煮

たけのこのわさび和えの作り方

  1. わさび(50g)の皮の黒い部分は包丁の背やたわしなどでこすり落とし、わさび全部をみじん切りにしポリ袋に入れます。
  2. 1に塩(小さじ1)を加え、軽く揉み込みます。一晩おいてわさびの水分とともに苦味とアクを抜きます。
  3. 酒粕(50g)をボウルに入れて酒(大さじ1)、みりん(大さじ1)を加えほぐし一晩おきます。
  4. 一晩おいた3の酒粕に塩(小さじ1)、砂糖(小さじ1)を加えて軽く混ぜておきます。
  5. 1の一晩おいたわさびを晒しにくるにしっかりと絞って水分を落とします。4に入れてしっかりと混ぜ合わせます。
  6. たけのこ(200g)を5mm角に切り、塩(少々)をふり下味をつけておき5のわさび漬けを混ぜ合わせ器に盛り付けて完成です。

 

わさび漬け自分で作れるんですね。

作るのに時間がかかるので市販のわさび漬けを使ってもいいです。

春の味を楽しめる1品です。

もこみち流タラとアサリのトマトパスタ/モコズキッチン

もこみち流タラとアサリのトマトパスタ/モコズキッチン

もこみち流タラとアサリのトマトパスタ

3月20日(月)、春分の日放送の

「モコズキッチン」では、

速水もこみちさんが白身魚のタラとアサリを使ったトマトパスタの

レシピを紹介してくれました。

魚介の旨味がたっぷりと詰まった、

春らしいスパゲッティです。

トマトペーストとトマトの水煮をダブルで使いますよ。



もこみち流タラとアサリのトマトパスタの材料(2人分)

  • スパゲティ(1.6mmを160g)
  • タラ(300g)
  • アサリ(10個)
  • 塩(少々)
  • コショウ(少々)
  • アンチョビ(3〜4枚)
  • バター(大さじ2=30g)
  • ケッパー(適量)
  • オリーブオイル(少々+大さじ1)
  • トマトペースト(大さじ1)
  • トマト水煮(ダイス型のもの400g)
  • コンソメスープ(大さじ3)
  • 白ワイン(大さじ2)
  • イタリアンパセリ(みじん切りを適量)
  • パルミジャーノチーズ(すりおろしを適量)

もこみち流タラとアサリのトマトパスタの作り方

  1. アサリは水につけ、暗いところに置いて砂抜きしておきます。
  2. お鍋にたっぷりの熱湯を沸かし、オリーブオイル(少々)を入れてパスタを茹で、茹で上がったら器に盛り付けます。
  3. タラ(300g)は3〜4cm角に切り、塩・コショウ(各少々)をふり、アンチョビ(3〜4枚)は粗みじん切りにします。
  4. フライパンを熱してオリーブオイル(大さじ1)を引き、タラを入れてこんがりと焼き、アサリを入れて口が開くまで炒めます。
  5. アンチョビ、バター(大さじ2=30g)、ケッパー(適量)、トマトペースト(大さじ1)、トマト水煮(ダイス型のもの400g)、コンソメスープ(大さじ3)、白ワイン(大さじ2)を入れて塩・コショウ(各適量)で味を整えてソースの完成です。
  6. 盛り付けたパスタにソースかけ、イタリアンパセリのみじん切りを散らし、パルミジャーノチーズをかければ出来上がりです。

感想

タラとアサリの魚介の旨味と、

トマトソースの酸味が組み合わさって美味しそうですね。

栗原はるみのレンジ五目おこわ・まぐろの照り焼きレシピ!NHKきょうの料理[定番ごはん]

2017年3月9日(13日)放送のNHKきょうの料理は、

理研究家の栗原はるみさんが、

「レンジ五目おこわ」、「まぐろの照り焼き」のレシピを紹介してくれました。

「レンジ五目おこわ」は、

その名の通り電子レンジで作れる五目おこわ。

帆立てのうまみがもち米に行き渡って美味しく、

具もたっぷりのおこわです。

「まぐろの照り焼き」は、

甘辛味のしょうゆだれに漬け込んで、魚焼きグリルで焼きます。

 

きょうの料理はレンジ五目おこわ・まぐろの照り焼きレシピ!

IMG_6216

◉レンジ五目おこわ 4人分

IMG_6208

材料

 

もち米       400㎖(カップ2)

帆立ての貝柱の水煮 1缶
(缶詰)     (固形量55g)
にんじん      1/2本(100g)
(細いもの)
しめじ       1パック(100g)
ゆでたけのこ (小)1コ(80g)
油揚げ       1枚

だし        カップ1
(帆立貝柱の缶汁と合わせて)

A
・酒        大さじ1
・みりん      大さじ1
・うす口しょうゆ  大さじ1
・塩        小さじ1/2

木の芽       適宜

 

作り方

 

もち米は洗って20〜30分ほど水に浸し、ザルに上げて水気をよくきります。

にんじんは皮をむいて3〜4㎜厚さの輪切りにします。

しめじは根元を取って小房に分けます。

たけのこは長さを半分にして3〜4㎜厚さの薄切りにします。

油揚げは熱湯にサッとくぐらせて油抜きをし、軽く絞って、

横半分に切ってから5㎜幅の細切りにします。

帆立て貝柱は缶汁をきってほぐし、缶汁はとっておきます。

 

帆立ての缶汁と合わせただし(カップ1)に、

A を加えて混ぜ合わせておきます。(だし汁)

大きめの耐熱ボウルにもち米を入れ、しめじと帆立て貝柱をのせて、

だし汁を注ぎます。

IMG_6209

 

ふんわりとラップをして、電子レンジ600Wで8〜9分加熱します。

☆1回目の電子レンジで、きのこと帆立て貝柱のうまみを出す!

 

レンジから取り出して混ぜ、にんじん、たけのこ、

油揚げを加えて軽くさっくりと混ぜます。

IMG_6210

 

再びラップをして、さらに電子レンジ600Wで4〜5分加熱します。

レンジから取り出して全体を軽く混ぜ、ラップをして

そのまま約5分ほどおいて蒸らしたら出来上がりです。

器に盛りつけ、お好みで木の芽を添えます。

 

◉まぐろの照り焼き 4人分

IMG_6212

材料

 

まぐろ    2さく(約350g)
(刺身用)

しょうゆだれ
・酒     カップ1/4
・みりん   カップ1/4
・しょうゆ  大さじ4

すだち    1コ分
(輪切り/漬け汁用)

大根おろし  200g
すだち    2コ分
(半分に切る)

 

作り方

 

しょうゆだれを作ります。

鍋に酒(カップ1/4)とみりん(カップ1/4)を入れて火にかけ、

煮立ったら弱火にして3分ほど煮詰めます。

☆さけとみりんを煮詰めておくと、たれが水っぽくならない!

火を止め、しょうゆ(大さじ4)を加えます。

☆豆腐、おひたし、納豆などにしょうゆ代わりに使える美味しい甘辛だれ。

 

まぐろは1つのさくを半分に切り、ジッパー付きの保存袋に入れます。

しょうゆだれ とすだちの輪切りを加え、空気を抜いて口を閉じ、

冷蔵庫に半日以上おきます。

IMG_6213

☆ぶり、サーモン、銀ダラ、豚肉、牛肉などでもOK2〜3日漬けておいても大丈夫!

 

魚焼きグリルは焼く前に熱々に温めておきます。

袋からまぐろを取り出して網の上などにおき汁気をよくきります。

IMG_6214

魚焼きグリルで両面に焼き色がつき火が通るまで

5〜10分ほど焼いたら出来上がりです。

IMG_6215

☆片面焼きの場合は、途中で裏返して焼く!

☆焦げやすいので火加減に気をつけながら焼く!

器に盛りつけ、たっぷりの大根おろしと半分に切ったすだちを添えていただきます。

 

 

洋風ちらし寿司

 
洋風ちらし寿司
洋風ちらし寿司

コメント

バルサミコ酢を合わせ酢に使った、洋風テイストのちらし寿司。 お好みの海鮮や緑を飾って鮮やかなちらし寿司にしあげてください。

材料(4人分)

  <寿司飯>  
  3合分
  [合わせ酢]  
  70cc
  大さじ1
  小さじ1
  [具]  
  100g
  1パック
  大さじ2
  1パック
  適量

作り方

1

合わせ酢を合わせ、温かいご飯に振り、切るように混ぜながら冷まし酢飯を作る。  

2

寿司飯がある程度冷めたら、全体に具材を散らし
マヨネーズを格子状にしぼる。
 

ポイント

スモークサーモンや海鮮と合わせても美味しいです!
緑もスプラウトではなく、水菜やわさび菜なども合います!

酢で〆てある市販品のお魚を入れると味がしまってより美味しくなります^^