はてなTVレシピ食堂

テレビで紹介された料理のレシピ、作り方を詳しく解説しています。テレビよりさらに分かりやすい♪テレビ番組のレシピです。

イチゴのスープ仕立て シャンパン風味 木口 直樹シェフのレシピ

レシピ

イチゴのスープ仕立て シャンパン風味

コツ・ポイント

良く熟れた色の濃いイチゴを選びます。イチゴの状態でジャム、砂糖、レモン汁の量を好みに調整しましょう。シャンパンの代わりに白ワインやデザートワインを使っても良いでしょう。アルコールが苦手なら水やジュースで代用します。

2人前/調理時間:約30分
材料・調味料 分量 下準備
 イチゴのスープ  
イチゴ   120g(約12粒)  水洗いし、ヘタを取る 
シャンパン(白ワイン)   20cc   
イチゴジャム   大さじ2   
砂糖   10g   
レモン汁   小さじ1   
 イチゴのヨーグルト和え  
イチゴ   30g(約3粒)  水洗いし、ヘタを取る 
アロエ入りヨーグルト(市販)   大さじ1   
 オリーブのシロップ煮  
ブラックオリーブ(種なし)   4個  塩分が強いものは水から沸かし塩抜きする 
グリーンオリーブ(種なし)   4個  塩分が強いものは水から沸かし塩抜きする 
砂糖   40g   
水   40g   
 飾り  
イチゴ   2粒  水洗いしヘタを取り、縦4等分に切る 
ヨーグルト   大さじ2   
ホワイトチョコレート   20g  飾り用に包丁で薄く削る 
ハーブ(バジル、セルフィーユなど)   適量   

作り方

  1. 1

    作り方 1

    オリーブのシロップ煮を作る。鍋に砂糖と水を沸かしシロップを作る。オリーブを加え弱火で15分煮込み冷ます。画像は分量の3倍。

  2. 2

    作り方 2

    イチゴのスープを作る。ミキサーに分量の材料を入れ回す。味を確認し好みに調整する。

  3. 3

    作り方 3

    ヨーグルト和え用のイチゴは1cm角にカットし、ヨーグルトと合わせる。

  4. 4

    作り方 4

    スープ皿の中央にヨーグルト和えを盛り、周りにスープを注ぐ。

  5. 5

    作り方 5

    オリーブ2色とイチゴを浮かべる。ヨーグルト、ホワイトチョコレート、ハーブを飾り完成!

 

ステーキアッシェ 赤ワインマッシュルームソース 榎本 亮シェフのレシピ

レシピ

ステーキアッシェ 赤ワインマッシュルームソース

コツ・ポイント

良く練り休ませることによってより肉らしさが出ます。

2人前/調理時間:約30分
材料・調味料 分量 下準備
牛ひき肉(粗挽き)   200g   
塩   2~3g   
黒胡椒   少々   
油   適量   
 赤ワインマッシュルームソース  
赤ワイン   100cc   
焼き肉のタレ   50cc   
バター   15g   
塩   少々   
胡椒   少々   
 キノコのソテー  
えのき   1パック   
しめじ   1パック   
椎茸   1パック   
ニンニクみじん切り又はスライス   少々   
油   大さじ1   
塩・胡椒   適量   
 じゃが芋のフリット  
じゃが芋   1ヶ   
水・油・塩・胡椒   適量   
クレソン(盛り付け飾り用)   1本   

作り方

  1. 1

    牛ひき肉は、粗挽きの物を使用する。
    ボールに、牛ひき肉、塩、胡椒を入れよく練る。ビニール袋に入れ、筒状に形成し、冷蔵庫でしっかり休ませる。

  2. 2

    休ませた牛ひき肉を、4等分にカットする。
    温めたフライパンに、油をしき、お好みの焼き具合まで両面焼く。

  3. 3

    【キノコソテー】えのきは、下から1/4ぐらいの根っ子の部分を切り落としてから、ほぐしておく。

  4. 4

    しめじは、石づきの部分を切り取りてから、ほぐしておく。椎茸は、4~6カットに大きさを揃えておく。

  5. 5

    鍋に油、ニンニクを入れた後に火をつける。ニンニクに色がついてきたら、キノコ(えのき、しめじ、椎茸)を入れる。

  6. 6

    油がなじんできたら、蓋をして軽く蒸らす。キノコの水分が出てきたら蓋を開け、水分が全て無くなるまで炒める。
    最後に、塩・胡椒をで下味をつけておく。

  7. 7

    【赤ワインマッシュルームソース】
    鍋に、赤ワインを入れて1/3の量になるまで煮詰める。

  8. 8

    焼き肉のタレ、塩、胡椒で味を整え、ソテーしたキノコをいれてなじませたら火を止めて、バターを入れ溶かす。

  9. 9

    【じゃが芋のフリット
    皮付きのじゃが芋を、よく洗って5mm幅にスライスする。鍋にじゃが芋を入れ、じゃが芋の倍の高さ程度まで水、塩を1つまみ入れて火にかける。

  10. 10

    沸騰したらザルにあげて、良く水を切る。
    鍋にじゃが芋を入れ、ひたひたの油を注ぎ火にかける。じゃが芋に、ほどよく色が付いたら、油をきり、塩・胡椒で味付けをする。

  11. 11

    【仕上げ】じゃが芋のフリットとSTEP2の焼いたお肉をお皿に盛り付け、STEP8のソースを上からかける。クレソンを飾り付け出来上がり。

パルテノ風イチゴの濃密なめらかグラタン 井上 憲治シェフのレシピ

レシピ

パルテノ風イチゴの濃密なめらかグラタン

コツ・ポイント

・卵黄を泡立てる時に、湯せんでゆっくり火を加えていき、軽く仕上げる
・器に流して焼く時、焦げ過ぎないように注意。アルミホイルなど使う

4人前/調理時間:約30分
材料・調味料 分量 下準備
ギリシャヨーグルト   2個(220g)   
卵黄   2個   
白ワイン   30cc   
ラニュー糖   30g   
レモン汁   10cc   
フルーツ(イチゴ)   20個   
ミント   少々   
キルシュ   15cc   
クリーム   30cc   

作り方

  1. 1

    作り方 1

    ボールに卵黄・白ワイン・グラニュー糖を混ぜる。
    (サバイヨンソースを作る)

  2. 2

    湯せんにかけながら、ゆっくり火を加えて、かき立てる。

  3. 3

    卵に火が入ってふわっとしたら、パルテノを加えて混ぜる。
    ホイップしたクリームを加える。

  4. 4

    作り方 4

    ヘタを取ったイチゴを洗って
    軽くオーブンで温め器に盛る。

  5. 5

    サバイヨンソースにキルッシュを加え風味付けしてイチゴにかける。
    オーブントースターで焼き色を付け、出来上がり。

 

釜あげしらすとレタスの味付けサラダ ばら乾海苔がけ 稲葉 敬シェフのレシピ

レシピ

釜あげしらすとレタスの味付けサラダ ばら乾海苔がけ

コツ・ポイント

玉ねぎ、きゅうりはうすいスライス、レタスは1cmのスライス。よく水にさらし水をきります。
あらかじめ用意をしておいた素ダレ(正油・うすくち・塩・しいたけ)とレモン汁・ごま油・おろしにんにくで野菜を和え、釜あげしらすとばら海苔をかけます。

2人前/調理時間:約5分
材料・調味料 分量 下準備
 こだわり食材  
焼ばら乾海苔   適量   
 材料  
レタス   半分  1cmにスライス 
玉ねぎ   1/4個  うすいスライス 
きゅうり   1/4本  うすいスライス 
水藻   少々  4cmスライス 
ミニトマト   3個  半分にスライス 
釜あげしらす   50g   
ゴマ油   少々   
酢   少々   
■素ダレ(作りやすい分量)   うち、大さじ1利用  材料を合わせて沸騰しておく 
しょうゆ   1L   
薄口しょうゆ   1L   
塩   60g   
乾燥しいたけ   5個   

作り方

  1. 1

    レタス・玉ねぎ・きゅうり・水藻を水にさらして良く水気を切る。

  2. 2

    ボールに味付けの素ダレ大さじ1、ゴマ油少々・酢少々にStep1の合わせ野菜を入れ良くからめる。

  3. 3

    Step2の合わせ野菜を器に盛り付け、しらす乾海苔ミニトマトをのせる。

まぐろのハンバーグ みぞれ煮 野永 喜三夫シェフのレシピ

レシピ

まぐろのハンバーグ みぞれ煮

コツ・ポイント

具の中に、お好みで生椎茸を加えてもOK。

2人前/調理時間:約15分
材料・調味料 分量 下準備
まぐろ(刺身用赤身)   200g  包丁でたたいて粗いミンチにする 
長ねぎ   5cm  みじん切り 
しょうが   20g  みじん切り 
片栗粉   大さじ1   
塩   少々   
炒りごま   少々   
大葉   20枚   
 みぞれ出汁  
出汁   240cc   
薄口しょうゆ   大さじ2   
みりん   大さじ2   
大根   150g  おろす 
 お好みで  
花穂   適量   

作り方

  1. 1

    長ねぎ、しょうが、まぐろ、炒りごまをボウルに移し、塩、片栗粉を加えて粘りがでるまでコネる。

  2. 2

    出汁、薄口しょうゆ、みりんを合わせておく。大根おろしは、耳たぶ位の固さに水気をしぼっておく。

  3. 3

    あわせた具を4等分にし、それぞれ丸めてフライパンで両面焼く。

  4. 4

    両面に焼目がついたら、合わせた調味料と大根おろしを入れしばらく煮込む。(5分)

  5. 5

    ハンバーグをおろし出汁と一緒に器に盛り、刻んだ大葉を載せて出来上がり。お好みで飾りに花穂をちらす。

 

筍と菜の花の油炒め 佐久間 佑吾シェフのレシピ

レシピ

筍と菜の花の油炒め

コツ・ポイント

菜の花と筍の春を代表する野菜を手軽に簡単な炒め物にしました。ポイントは筍の切り方です。筍を繊維に逆らって切ることで味も絡みやすく、やわらかく感じます。味付けは家庭でも簡単にできるように白だしを使い、カツオ節を最後にのせればまるっきし和食の炒め物になります。ぜひ挑戦してみてください

2人前/調理時間:約10分
材料・調味料 分量 下準備
菜の花   1束  3等分くらいに切り、茹でて冷水に落とし、よく絞っておく 
筍(水煮)   1/2本  一度茹でて、5ミリ位にスライスする 
スライスベーコン   2枚  1センチくらいに切る。 
カツオ節   少々   
白だし   大匙1杯   
みりん   小さじ1杯  白だしと合わせておく 
サラダ油   少々   
塩   一つまみ   

作り方

  1. 1

    ポイントの筍を繊維に逆らって切る。

  2. 2

    フライパンにサラダ油をひき、そこへベーコン、筍を入れて炒める。少し焼き色がついたら菜の花を加え強火で炒める。

  3. 3

    菜の花にも焼き色がついたら塩を一つまみ入れ絡ませる。最後に白だしを加え、サッと絡ませるように炒める。

  4. 4

    器に盛り付け、天にカツオ節をのせて完成。

卵豆腐 鈴木 好次シェフのレシピ

レシピ

卵豆腐

コツ・ポイント

あんは一度冷蔵庫で冷やしてから卵豆腐にかけても、美味しいです。
<卵の風味を引き立たせるためのポイント>Aをしっかりとなめらかにこす事が大事です。
<蒸す時のポイント>10分たったら一度様子を確認し、透明な出汁が上に出てくるまで
とろ火で蒸しましょう。(濁っているとNG。)

4人前/調理時間:約30分
材料・調味料 分量 下準備
(A)全卵   3個   
(A)卵黄   2個   
(A)かつおだし   400cc   
(A)白醤油   60cc   
(A)みりん   30cc   
(A)酒   20cc   
(A)塩   少々   
(B)かつおだし   400cc   
(B)薄口醤油   30cc   
(B)みりん   20cc   
(B)酒   20cc   
(B)塩   少々   
くず   大さじ2  ※片栗粉(大さじ1)でも代用可 
生姜   適量  すりおろしておく 
 付け合せ  
エビ   適量  下茹でしておく 
スナップエンドウ   適量  下茹でしておく 
穂紫蘇   適量   

作り方

  1. 1

    (A)をよく混ぜ、一度こす。こすと滑らかになってよい。

  2. 2

    器に注ぎ、蒸し器に入れ、とろ火で12~15分蒸す。冷めたら、適当な大きさに切る。

  3. 3

    (B)を火にかける。沸騰してきたらくずを加え、弱火でとろみが出るまで、へらでかき混ぜ、あんを作る。

  4. 4

    器に盛り付け、あんをかけて完成。
    お好みですりおろした生姜を上にのせて召し上がるのもお勧め。

  5.  

 

水郷どりとエリンギ茸のチキンロール さっぱり和風ソース 嶋倉 秀一シェフのレシピ

レシピ

水郷どりとエリンギ茸のチキンロール さっぱり和風ソース

コツ・ポイント

冷めても味がしっかりしていてお弁当にも。よく冷ましてからお弁当に詰めてください。
アツアツをお酒のおつまみにしても最高です。
※塩は、人差し指と親指で多めにつまんで0.4gです。

2人前/調理時間:約20分
材料・調味料 分量 下準備
 具材  
鶏もも肉 1枚   約280g  真ん中を開き広げ、塩こしょうをふる 
塩   0.6g  人差し指と親指でつまんで1.5の量 
こしょう   少々   
薄力粉または片栗粉   少々   
エリンギ茸   1本   
塩こんぶ刻み   小さじ1   
 調味料  
料理酒   大さじ3   
白だし   10cc   
麺つゆ   10cc   
水   大さじ2   
 焼き油用  
サラダ油   大さじ1×2  エリンギ、鶏肉用 
 お好み野菜 サラダ  
お好きなもの   適量  レタス、大根、トマト、パプリカなど。 

作り方

  1. 1

    作り方 1

    水からエリンギ茸を煮る。沸いて沈んできたら取り出す。又は水を加えてラップして電子レンジで温めても可です。

  2. 2

    作り方 2

    エリンギを返しながらを油で焼く。

  3. 3

    作り方 3

    焼き上がりはこんな色合いです。

  4. 4

    作り方 4

    鶏肉を開き、両面に塩、こしょうし、塩こんぶのきざみを内側にふり、小麦粉か片栗粉をまぶしたエリンギ茸をのせて巻く。

  5. 5

    作り方 5

    ​ ​爪楊枝かタコ糸でしばり、サラダ油で全面焼きつける。

  6. 6

    作り方 6

    焼き残りの脂をすて、味付け用のタレを加えて一度沸かし、弱火~中火でまわしながら、ふっくらと焼き煮にする。

  7. 7

    作り方 7

    お好み野菜を盛りつけ、

  8. 8

    作り方 8

    6カットした鶏肉とタレを飾る。

簡単に!辛い!台湾ラーメン 嶋倉 秀一シェフのレシピ

レシピ

簡単に!辛い!台湾ラーメン

コツ・ポイント

コツ・ポイント

ラーメンスープは市販品で代用するかわりに、ラ一油香るピリ辛の肉味噌あんかけを効かせることで、お店の味を再現しました。

2人前/調理時間:約15分
材料・調味料 分量 下準備
 肉味噌 8人前分量  
豚ひき肉   150グラム   
サラダ油   大さじ2   
甜面醤   大さじ1・5   
醤油   大さじ1   
料理酒 無塩のもの   大さじ1   
 肉味噌あんかけ  
上記の肉味噌   大さじ3   
水   90cc   
ニラ    1束の4センチ分  1センチにカット。 
水とき片栗粉   小さじ2   
ラ一油   大さじ3   
 ラーメンスープと麺  
水   800cс   
白だし 市販品   80cc   
中華麺   1玉~1.5玉×2人   

作り方

  1. 1

    作り方 1

    肉味噌を作る。サラダ油で豚ひき肉を炒めてザルにとり、水分を切る。フライパンに戻し、3つの調味料を加えて味付けし、8等分に分ける。これは8人前の分量です。

  2. 2

    作り方 2

    肉味噌あんかけを作る。肉味噌2つ(2人前)に水、ニラを加えて火にかけ、水とき片栗粉でトロミを付け、火を止めてラ一油を入れておく。

  3. 3

    作り方 3

    ラーメンスープを作る。水と白だしを沸かし、どんぶりはレンジで軽く温めておく。

  4. 4

    作り方 4

    お好みの量の麺を茹で上げ

  5. 5

    作り方 5

    どんぶりにスープと共に盛る。

  6. 6

    作り方 6

    肉味噌あんかけを上からかける。お好みでラ一油、一味唐辛子を別添えして。

ホワイトガウラーメン 飯嶋 優太シェフのレシピ

レシピ

ホワイトガウラーメン

コツ・ポイント

麺から作ってみよう。

スープは本格的に、骨からとりますが、基本的に、簡単にできます。

1人前/調理時間:約440分
材料・調味料 分量 下準備
A鶏胴がら   3kg   
A鶏もみじ   1.5kg   
B牛乳   1L   
Bにんにく   60g  みじん切り 
B生姜   60g  みじん切り 
B玉ねぎ   2個分  みじん切り 
レタス   1/2個  千切り 
鶏もも肉   1枚  ひもで巻いておく 
米粉   100g   
C片栗粉   6g   
塩   2g   
ぬるま湯   20cc   
オリーブオイル   20cc   
ニンニク   1かけ   
D酒   100cc   
Dうすくち醤油   50cc   
Dみりん   50cc   
D生姜   20g   
万能ねぎ   10g   

作り方

  1. 1

    Aの材料を熱湯で5分ボイルし、ざるにあけ、灰汁を洗い流す
    深鍋に移し、7分目まで水を張り、沸騰するまで強火、その後中火で約6時間煮出す。

  2. 2

    step1のスープにBの材料を加え、さらに30分ほどにだし、
    適当な鍋に濾しながら移す。

  3. 3

    麺を作る。
    Cの材料を混ぜ合わせ、玉状にし、ラップをして2時間ほど冷蔵庫で休ませる。
    その後、麺棒で打ち粉をしながら平たく延ばし、包丁で、好みの厚さに切る。

  4. 4

    小鍋にDの材料を入れ沸騰させる、
    フライパンで、ひもで巻いた鶏肉の皮面からソテーし、出た脂分を捨て、
    Dと出来上がったスープ注ぎ弱火で30分ほど火を入れる。

  5. 5

    鶏肉を取出し、残った煮汁を半量くらいまで煮詰めて濾す。
    これは、らーめんのたれとして使います。

  6. 6

    フライパンにオリーブオイルを敷き、皮ごとつぶしたにんにくを入れ、ペペロンチーノオイルを作る、ニンニクは取り出す、次回作る際に、ベースのスープへ入れて煮込む。

  7. 7

    湯を沸かして好みの硬さまで麺をゆでる。
    鶏肉をひもからはずし1cmくらいの厚みに切り分けける。
    小鍋で、スープを沸騰させておく。

  8. 8

    どんぶりに、たれを入れ、スープを張り、麺を入れる、
    その上にレタス、鶏肉を乗せ、ねぎを散らす。
    最後に、高温に熱したペペロンチーノオイルをかけ完成。

桜ちらり~エリンギのあわび風~ 黒沢 学シェフのレシピ

レシピ

桜ちらり~エリンギのあわび風~

コツ・ポイント

コツ・ポイント

エリンギは,丸のまま表の部分から焼いていき、ふたをして軽く蒸し焼きにしてからスライスします

2/調理時間:約10分
材料・調味料 分量 下準備
えりんぎ   60g  笠の部分で切り分け厚めにスライスする 軸は薄くスライス  
玉葱   1/2個  みじん切りにする 
胡瓜   10g  縦に半分に切り、斜めにスライスする 
桜えび   少量  釜揚げの桜えび 気になるようならひげを除く 
海苔の佃煮   大2   
水または出汁   適量   
大葉   2枚  丸めてから小口切り 
 下味  
塩   少々   
胡椒   少々   
バター   20g   

作り方

  1. 1

    エリンギは、表をかの子に切れ目を入れておき、玉葱を炒めた後、エリンギに塩、コショウで下味をつけてバターで炒める

  2. 2

    海苔の佃煮は、水または出汁でのばして好みの味に調節する

  3. 3

    エリンギ、胡瓜桜えびを散らして盛りつけて完成 海苔につけながら食べてください

絶品!超カンタン!宮崎名物チキン南蛮&キャベツのタルタル 穴井 真シェフのレシピ

レシピ

絶品!超カンタン!宮崎名物チキン南蛮&キャベツのタルタル

コツ・ポイント

コツ・ポイント

鶏肉は「もも肉」も美味しいですが「むね肉」のほうが柔らかくなおかつ値段が安い!!
ゆで卵は【沸騰したお湯】から煮ると卵の殻が剥けやすいですよ!
キャベツは【芯】の部分を使ったほうが甘味も出て美味しいですよ!
卵でふんわり揚げるのでやわらかジューシー!お子様にもオススメです!

2~3人分/調理時間:約20分
材料・調味料 分量 下準備
鶏むね肉   1枚(200g前後)  皮を取り除き、観音開きで厚みを均一にする 
卵(揚げ用)   1個  よく溶く 
小麦粉(片栗粉でもOK)   適量   
サラダ油(揚げ油)   適量  180度に温める 
     ~タルタルソース~             
卵(タルタル用)   1個   
お湯(ゆで卵用)   卵がたっぷりつかる量  沸騰させておく 
塩   適量   
胡椒   適量   
キャベツ(特に芯のところ)   50g  みじん切り 
たまねぎ   6分の1個  みじん切りして水につけて辛みを取ります(10分くらい) 
マヨネーズ   80g   
ケチャップ   5g   
蜂蜜(砂糖でもOK)   少々(お好みで)  タルタルソース用 
       ~南蛮酢~             
濃口醤油(普通の醤油でも・・OK)   30cc  【焼き鶏のタレ】がより美味しいですよ 
ウスターソース   30cc   
酢   30cc   
白出汁(液体の出汁が混ざりやすいです)   5cc   
蜂蜜(砂糖でもOK)   5cc  南蛮酢用 

作り方

  1. 1

    作り方 1

    お湯を沸かし沸騰したら【卵】を入れゆで卵を作る。冷ましたゆで卵、マヨネーズ、ケチャップ、たまねぎみじん切り、キャベツみじん切り、蜂蜜、塩、胡椒でタルタルを作る

  2. 2

    作り方 2

    とり胸肉を一口大にそぎ切りして、塩コショウを軽くふる。小麦粉を軽くまぶし、溶き卵につけ180度の油で火が入るまで揚げる

  3. 3

    作り方 3

    濃口醤油、酢、ウスターソース、白出汁、蜂蜜(酸味が苦手な方は蜂蜜で調整するといいかも!)を入れて混ぜ合わせ南蛮酢を作る(レンジで少し温めると蜂蜜が溶け易いです)

  4. 4

    作り方 4

    鶏肉が揚がったら【揚げたて】を南蛮酢にたっぷりつけてさらに盛り、上からタルタルソースをたっぷり乗せ完成 付け合わせでサラダ&レモンも美味しいですよ!!

チキン南蛮 橋本 幹造シェフのレシピ

レシピ

チキン南蛮

コツ・ポイント

常備すると便利な割下をご紹介。酢が入っていることで料理が傷みにくいので、お弁当のおかずにも重宝します。
*さっと沸かした割下に薬味をたくさん入れ、さらにひと沸き程度させれば南蛮のたれが完成。
 割下は、火入れ加減と組み合わせる食材で、味や風味が変化します。

2人前/調理時間:約15分
材料・調味料 分量 下準備
鶏もも肉   120g   
   
小麦粉   適量   
卵   1/2個  といておく 
パン粉   適量   
 万能割下(つくりやすい量)  
しょうゆ   50cc  合わせておく。うち100ccを使用 
みりん   100cc   
酒   50cc   
米酢   50cc   
 薬味  
生姜   10g  みじん切り 
みょうが   2本  みじん切り 
長ねぎ(白い部分)   1/3本  みじん切り 
 トッピング  
長ねぎ(青い部分)   適量  笹打ち(細い斜め切り) 

作り方

  1. 1

    鶏もも肉に、小麦粉・とき卵・パン粉の順に衣をつけ、170℃に熱した油でカリッと揚げる。

  2. 2

    万能割下100ccをさっと沸かしたところに薬味を入れる。再びひと沸きしたら火を止める。
    ※割下は煮詰めず、さらっとした状態で使用。

  3. 3

    器に揚げた鶏肉も盛り、肉の上に薬味がのるようにたれをかけ、青ねぎを飾れば完成。

油淋鶏(ユーリンチー) 平賀 大輔シェフのレシピ

レシピ

油淋鶏(ユーリンチー)

コツ・ポイント

*揚げ方がポイントです。鶏肉を2度揚げしてカリッとさせます。
たっぷりの油で、まずは低温でゆっくりと、そして2度目は高温で色を付けるイメージで、カリッと揚げます。パチパチという音の変化を聞いて揚げあがりを確認しましょう。

2人前/調理時間:約10分
材料・調味料 分量 下準備
鶏もも肉   1枚  塩、胡椒で下味をつけ、片栗粉をまぶす。 
塩   少々   
胡椒   少々   
片栗粉   適量   
 合わせ調味料  
長ねぎ   20g  野菜は全てみじん切りに 
生姜   10g   
パセリ   10g   
セロリ   20g   
グレープフルーツ果汁   15cc  ※100%ジュースでも可 
醤油   35cc   
砂糖   25g   
リーペリンソース(ウスターソース)   大さじ1/2   
酢   15cc   
ごま油   大さじ1/2   
 トッピング  
エシャロット   少々  みじん切り 
花穂(花のみ)   少々  みじん切り 
ポテトサラダ ※お好みで   適量   

作り方

  1. 1

    【1度目】下味をつけた鶏肉を160℃の油にいれ、油をかけながら揚げる。浮いてくる手前でいったん取り出す。

  2. 2

    【2度目】油の温度を180℃まで揚げ、再び鶏肉を入れる。表面をカリッと仕上げる。※色を見て。表面にいい色が付いたら油から取り出します。

  3. 3

    鶏肉を食べやすい大きさに切って皿に盛り合わせ調味料をかけ、エシャロット、花穂を散らして仕上げる。

  4. 4

    ※お好みでポテトサラダなどをお肉の下に引くと盛り付けが映えます。

  5. 5

    ※から揚げサイズの鶏肉で作れば、もっと早く仕上がります。

 

黒胡椒叉焼(チャーシュー) 平賀 大輔シェフのレシピ

レシピ

黒胡椒叉焼(チャーシュー)

コツ・ポイント

*豚肉を均等な厚さに巻き、肉の回り均等に焼き目をしっかりつけましょう。
*焼く(カリッと)⇒ボイルする(中まで火を)⇒タレに漬け込む(味をしみこませる)を、途中で休まずに流れよく行うことがポイントです。

 

4人前/調理時間:約40分
材料・調味料 分量 下準備
豚肩ロース(豚バラ肉でも可)   600g  かたまりのまま形が崩れないようタコ糸で巻く 
タコ糸   塊が縛れる長さ   
 つけこみダレ(作りやすい量)  
長ねぎ   1本  叩き潰しておく 
生姜   2個  叩き潰しておく 
にんにく   7粒  叩き潰しておく 
八角 ※あれば   適宜  叩き潰しておく 
桂皮(シナモン) ※あれば   適宜  叩き潰しておく 
山椒(粒) ※あれば   適宜  叩き潰しておく 
唐辛子   3本  種も取らず、丸ごと使用 
紹興酒(なければ酒で代用)   120㏄  ※香り付けには紹興酒がお勧め 
酒   120㏄   
醤油   2ℓ   
 仕上げ  
はちみつ   適宜   
黒胡椒(粗挽き)   適宜   
わさび菜   適宜   

作り方

  1. 1

    熱したフライパンに油をひき、肉のかたまりを入れて強火で全面に焼き色をつけていく。

  2. 2

    鍋に湯を沸かし、沸いたらすぐにStep1の肉を入れて約20分ボイルする。

  3. 3

    つけこみダレの材料を鍋に入れてひと煮立ちさせたら、ボイルした肉を入れて10分煮込む。

  4. 4

    肉を漬け汁から取り出し、はちみつをはけで肉の表面にまんべんなく塗り、黒胡椒をふりかける。

  5. 5

    180℃のオーブンで表面を軽く焼く。(約3分) ※焦げないように。

  6. 6

    タコ糸をはずして薄く切り、皿に盛りつけたら完成。

  7. 7

    ※余ったつけこみダレを漉して常備すれば、様々な料理の味付けに応用の利く万能タレとして使えます。 例)ラーメンスープのたれ、もやし炒めのたれ、冷奴のたれなど