はてなTVレシピ食堂

テレビで紹介された料理のレシピ、作り方を詳しく解説しています。テレビよりさらに分かりやすい♪テレビ番組のレシピです。

豚肉のリエット 冨山 家永シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント フランスのお惣菜の一つで、トーストに塗っていただく、パテに似た肉料理をいいます。保存食なので、冷蔵庫で一ヶ月程もちます。白ワインとブイヨンで材料を煮る時は、蓋をして弱火で火を入れるところがポイント。水分がとぶと焦げや…

パテ・ド・カンパーニュ 京野菜のサラダ添え 高橋 雄一シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ビストロ定番のお肉のパテにあわせるのは、新鮮な生野菜。香草の香りが口の中をリフレッシュさせてくれるので、お肉が食べやすくなり、どんどん進みます。豚肉は豚バラ肉をミンチして脂身を加えることで、よりしっとりと仕上がります…

パテ ド カンパーニュ 杉本 敬三シェフのレシピ

レシピ ピックアップシェフレシピ コツ・ポイント パテですので、湯煎をせずに、オーブンで直接焼き込みます。噛めば噛むほどうまみが出てくるパテ ド カンパーニュです。※今回、パテの型はフランス、アルザス地方のストーブ社の鉄鍋を使用しています。※料理…

マッシュポテト 今帰仁 実シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント なめらかでクリーミイなマッシュポテトの作り方です。じゃがいもは茹でると水っぽくなるので、低温のオーブンでゆっくり焼きます。そうすることで旨みが凝縮します。裏漉しする時は、粘りが出ないように、いもが熱いうちに!そしてカ…

ビシソワーズ(じゃがいもの冷製スープ) 梶山 孝浩シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ビシソワーズとは、じゃがいもとポロネギ風味の、冷たいポタージュです。本来はポロネギで作りますが、日本では手に入りにくいので、レシピでは長ねぎを代用します。火の通りを均一にするために、全ての野菜の大きさを切りそろえまし…

昆布料理研究家

こんにちは。昆布料理研究家、2014年度の昆布大使の岩佐優です。今日はフランス・イタリアなど、世界の出汁についてご案内いたします。 「出汁が全て」「ソースが命」と言われる料理 私が得意とするのは日本料理とフレンチです。そう、「出汁が全て」「ソー…

かぼちゃの冷製クリームスープ 坂井 宏行シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント かぼちゃの旨みを活かすため、かぼちゃは炒めすぎず煮過ぎないようにする。ミキサーにかける際にまわり難いようだったら、水を加えて調整する。 4人前/調理時間:約20分 材料・調味料 分量 下準備 かぼちゃ 400g 種と皮を取り、薄切…

昆布料理・ひんやり美味しい!「昆布水で作る簡単水ようかん」の作り方レシピ

はじめに こんにちは、昆布料理研究家の岩佐優です。 今回は、前回ご紹介した「遊山箱」に必ず入っていた、「昆布水水ようかん」の簡単料理レシピをご紹介したいと思います。 必要な材料 材料は昆布水、小豆(あずき)、寒天、葛粉、砂糖のみです。小豆はデ…

鶏肉のコンフィ 坂井 宏行シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント (準備)若鶏もも肉につまようじで穴を開けておくことにより、漬け込む際に味が染み込みやすくなる。(調理)コンフィをする場合、低温調理を心がけ、肉にじっくりと火を入れること。 4人前/調理時間:約30分 材料・調味料 分量 下準…

鶏もも肉のコンフィ はちみつ柚子胡椒のソースで nakayama takaoシェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ソースが決め手です。アジアのスイートチリソースのように「甘くて辛くてすっぱくてしょっぱい」バランスのいいソースをイメージしました。そのバランスを崩さないように、またなぜだか熱いコンフィに冷えたままのソースがよく合いま…

鶏肉のやわらかコンフィ仕立て 照り焼きソース 工藤 敏之シェフのレシピ

レシピ お店の逸品レシピ コツ・ポイント 1.鶏肉の水分をしっかり拭き、サラダ油を塗り30分程マリネする ⇒膜がはられ、旨味を逃がしません。2.鶏肉は低温のサラダ油でじっくりと火を入れ、ふっくらやわらかに ⇒60~70℃で一定の温度にすると一層良いです…

【もこみち流】魚にハーブをぶっ刺す衝撃料理に視聴者も困惑 「香りを付けつつサプライズな一品に」

8月8日(火)に放送された日本テレビ系『ZIP!』内のコーナー『MOCO’Sキッチン』が「衝撃回」とネットで話題を集めている。 もこみち流がフルスロットル 速水もこみちさんが出演する『MOCO’Sキッチン』は、オリーブオイルへの寵愛や打点の高い調味料使いなど…

神明鶏のしっとり胸肉ハム 生井 祐介シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 鶏肉には前日からソミュール液に浸けて、味をしみこませます。お肉をしっとりさせるポイントはゆっくり火を入れること。沸騰したお湯にお肉を入れたら火を止めて余熱で火を入れましょう。 4人前/調理時間:約20分 材料・調味料 分量 …

鶏肉のやわらかコンフィ仕立て 照り焼きソース 工藤 敏之シェフのレシピ

レシピ お店の逸品レシピ コツ・ポイント 1.鶏肉の水分をしっかり拭き、サラダ油を塗り30分程マリネする ⇒膜がはられ、旨味を逃がしません。2.鶏肉は低温のサラダ油でじっくりと火を入れ、ふっくらやわらかに ⇒60~70℃で一定の温度にすると一層良いです…

鶏むねのハム仕立て 前菜として。 嶋倉 秀一シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 調味料で漬け込んだ鶏むね肉に熱湯をかけてラップし30分置き、裏返して30分置けばハムみたいな食感のお肉の完成です。 4人前/調理時間:約60分 材料・調味料 分量 下準備 ■ メイン食材 皮を剥いだ鶏むね肉 2枚 ■ 下味 塩 24グラム が…

プルプル保湿した鶏むね肉のサラダ仕立て 古藤 和豊シェフのレシピ

レシピ まかないコンテスト 入賞 コツ・ポイント コツは、むね肉に水分を吸わせながら、表面をコーティングすること。ボイルするときは、沸騰させないで、80℃位で。パサつきがちなむね肉を、保湿して柔らかくし、さらに表面のデンプンによりプルプルの食感…

海の幸のトマトの冷製パスタ(カッペリーニ) 岡部 哲也シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 家庭でも楽しめる本格冷たいパスタ。まずは魚介類に火を通す(ボイル)時に、細心の注意を払います。火を通しすぎると固くなってしまうので、軽く火を通しさっと引き上げます。極力水気を切り、すべての材料とお皿を冷たく冷やすことが…

バジルペーストと魚介の冷製パスタ 香西 思穂吏シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ○バジル量を多くすればするほど濃厚なバジルペーストになります。自分好みの味を見つけてください♪○パスタは冷水に入れると硬くなるので、少し長めに茹でてください。○是非、あれば白バルサミコ酢で。普通のバルサミコ酢とはまた違う…

海老と枝豆・トマトの冷製カッペリーニ 山田 慶介シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 仕上がったトマトソースはすぐに使わず、冷蔵庫で2〜3時間おいた方が味がより美味しくなります。 1人前/調理時間:約15分 材料・調味料 分量 下準備 カッペリーニ 60g ムキ海老 5尾 生のムキ海老の場合はボイルして氷水で冷し水気を…

甘く焼いたトマトの冷製カッペリーニ カルパッチョ添え 渡邉 義広シェフのレシピ

コツ・ポイント 甘いトマトよりも、出来るだけ固いトマトを使った方が美味しくし上がります。 2人分/調理時間:約30分 材料・調味料 分量 下準備 トマト 中2個 湯剥きしておく サラダ油 150g バジル 1/2 三温糖 50g 塩 黒胡椒 適量 刺身用白身魚 50…

バジルペーストと魚介の冷製パスタ 香西 思穂吏シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ○バジル量を多くすればするほど濃厚なバジルペーストになります。自分好みの味を見つけてください♪○パスタは冷水に入れると硬くなるので、少し長めに茹でてください。○是非、あれば白バルサミコ酢で。普通のバルサミコ酢とはまた違う…

アクアパッツァ 神保 佳永シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 白ワインと水で魚介を煮る、イタリア版「水炊き」です。魚をふっくらと炊き上げるコツは、貝、トマト、オリーブ、にんにく、ケーパーのうまみを魚に吸わせるようにスープを回しかけながら、ゆっくり火入れしていくこと。アンチョビや…

スパイスしょうゆ 鶏もも肉のソテー 兼子 大輔シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 油でゆっくり香辛料を炒め香りを出したところへ「ヤマサ鮮度の一滴 超特選しょうゆ」をプラス。エスニックな香辛料としょうゆをあわせることで、しょうゆが洋風ソースに。香辛料+しょうゆなら、冷まして瓶に入れ保存可能。ここに煮詰…

水郷どりとエリンギ茸のチキンロール さっぱり和風ソース 嶋倉 秀一シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 冷めても味がしっかりしていてお弁当にも。よく冷ましてからお弁当に詰めてください。アツアツをお酒のおつまみにしても最高です。※塩は、人差し指と親指で多めにつまんで0.4gです。 2人前/調理時間:約20分 材料・調味料 分量 下準…

鶏肉のディアボラソース 門脇 稔シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 鶏肉は冷蔵庫から出し、常温に戻した状態から調理します。表面7割、中身3割という感覚で、じっくりと弱火で焼きましょう。 1人前/調理時間:約15分 材料・調味料 分量 下準備 鶏もも肉 1枚 常温にもどし、塩・こしょうする 塩・こし…

スパイシージャークチキン 大塩 貴弘シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント グリルで焼く前にフライパンで両面軽く焼くと仕上がりも早くキレイに焼けます。慣れてきたらシーズニングを使わずお好みのスパイスで自分だけのジャークチキンもチャレンジしてみて下さい。 2人分/調理時間:約30分 材料・調味料 分…

イタリアンのお店の"まかない鳥から" 嶋倉 秀一シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 溶き卵を衣にして揚げると安い鶏肉でも、ふっくらプリプリに。仕上げにオ一ブンに入れなくても、パン粉を煎っておいて混ぜて振り掛けてもいいですよ。 2人分/調理時間:約20分 材料・調味料 分量 下準備 ■ かけるパン粉の材料 粉チー…

彩り野菜のアンチョビソース焼き 大塩 貴弘シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント アンチョビは弱火でじっくり炒め香りを移していく事がポイントです。野菜の下茹では茹で過ぎて歯ごたえがなくならないように注意する事。 2人分/調理時間:約30分 材料・調味料 分量 下準備 グリーンアスパラ 2本 皮を半分剥き半分…

「ペーボウッヒン」ミャンマー風納豆カレー 嶋倉 秀一シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ・ミャンマーのカレーの紹介です。・辛そうでチョイ辛、納豆の甘さのほうが印象的なヒトサラ。・油を多く使うのはミャンマー料理の特徴。今回はやや減らしました。・納豆はよく洗ってから揚げ炒めにして粘りをとめる。 2人前/調理時…

サーモンと春野菜の生春巻き 松田 成生シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ライスペーパーをもどしすぎない 1本/調理時間:約10分 材料・調味料 分量 下準備 サーモン 50g アスパラガス 2本 菜の花 6本 玉ねぎ 半個 スイートチリソース 少々 フレンチドレッシング 少々 ライスペーパー 1枚 作り方 1 アスパラ…

スモークサーモンとなますとアボカドのサラダ春巻き 濱岡 稔シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント *生春巻きの皮(ライスペーパー)を水に戻す時に、濡れ布巾でサンドした状態で1分置いてから包むと、皮が破けにくく、巻きやすくなります。*バルサミコ酢ソース:中火で加熱しながら煮詰めていき、気泡が大きくなってきたら火を止…

サーモンと春野菜の生春巻き 松田 成生シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ライスペーパーをもどしすぎない 1本/調理時間:約10分 材料・調味料 分量 下準備 サーモン 50g アスパラガス 2本 菜の花 6本 玉ねぎ 半個 スイートチリソース 少々 フレンチドレッシング 少々 ライスペーパー 1枚 作り方 1 アスパラ…

生春テリーヌ 嶋倉 秀一シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ・春野菜入りの簡単テリーヌ風の生春巻き仕立てです・肉と魚(生ハム、スモークサーモン)を入れてコク&塩分と旨みが2倍に・ライスペーパーは水で固めに戻して巻くと形が良い・生春巻きは乾燥に弱いのでカットしたら食卓へ 2人前/…

ピクルスとフレッシュフルーツのテリーヌ仕立て  嶋倉 秀一シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ・ピクルスを漬けて、そのマリネ液を水で割ってゼラチンで固めます。・間に生のフツーツを挟むことで、酸味もきつ過ぎず、飽きのこないバランスを取る。・ピクルスにソースは珍しいですが、バジル、マンゴーなど、香りと甘味との変化…

椎茸のファルシ ペルシャード風 木下 喜信シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 肉厚の椎茸を使い、隙間がないように肉詰めするところがポイントです。ペルシャード風とは、みじん切りしたニンニクとパセリを用いた、ブルゴーニュ地方の味付けのこと。パン粉入りのペルシャードをかけてオーブントースターで焼くこ…

真だこのベニエ 目黒 浩太郎シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 真だこは一度冷凍することで細胞を壊し、ごく弱火で40分間茹でることが、柔らかな食感に仕上げるコツ。その後、高温でサクっと揚げて仕上げること。茹で方、揚げ方の細かいところで、仕上がりが大きく変わってしまいます。※調理時間は…

きゅうりのヌイユ 目黒 浩太郎シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 鮮度の良いきゅうりを使うことがポイント。皮と種の間の、締まった身質のおいしい部分だけをピーラーでヌイユ状(平麺のような状態)に長くスライスします。相性の良いイカは半生に調理して合わせ、ピーカンナッツの香ばしさとバジル…

牛蒡と白身魚のパイヤソン・五香粉 高橋 雄二郎シェフのレシピ

レシピ ピックアップシェフレシピ コツ・ポイント ピーラーで細切りした牛蒡を水にさらしてあく抜きし、キッチンペーパーで水をふき取ります。牛蒡の揚げ具合がおいしさを左右します。茶色く色が付きすぎると苦みが出てしまうので、油から引きあげるタイミン…

ガスパチョ フレッシュトマトと夏野菜の冷製スープ 山田 慶介シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ●ミキサーで回す前に食材を全て合わせてから一度、冷蔵庫で冷やしておくと味が落ち着き、綺麗な色に仕上がります。●カルパッチョやサラダのドレッシングにも代用出来ます。 2人前/調理時間:約10分 材料・調味料 分量 下準備 トマト …

ガスパチョ 川手 寛康シェフのレシピ

レシピ ピックアップシェフレシピ コツ・ポイント おいしさの決め手はトマトの風味。甘さの増した完熟トマトで作りましょう。ミキサーにかけた直後は、白っぽい色をしていますが、しばらく静かにおいておくときれいな赤色になります。※ミキサーの容器を冷蔵…

ガスパチョ 間渕 英樹シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 味をなじませるため、野菜は調味液でしっかりマリネ(漬けこみ)します。スペイン料理に欠かせない、シェリービネガーで風味づけしてみてください。 2人分/調理時間:約10分 材料・調味料 分量 下準備 トマト(できれば半量はフルーツト…

ニンニクのスープ カスティージャ風 葉山 馨一シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント スペインでは、日本の味噌汁のような感覚で日常的に食べられているスープです。水を使うことがポイント。生ハムとチョリソーからコクと旨味がでるので、ブイヨンなどの出汁は必要ありません。ニンニクとパンは、オリーブオイルでじっ…

華やかピンチョス 3種盛り 千津井 雅己シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 「ピンチャール(串で刺す)」が由来の料理ですが、最近は串を刺さないタパスも「ピンチョス」と呼ばれて広く親しまれています。生ハムをのせる前にトマトにオリーブオイルをかけるなど、それぞれの具材をオイルや調味料で“コーティン…

イベリコ豚肩ロースのココット焼き 千津井 雅己シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント パーティに適した、豚肉の蒸し焼き料理をご紹介します。肉は表面を焼き取り出し、その鍋でジャガイモとマッシュルームを炒めます。肉を戻して、白ワインを加え、蓋をして20分ほどコトコトと蒸し焼きに。10分ほど余熱で保温することが…

フライパンで仕上げる牛もも肉のロースト 後藤 祐輔シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 牛もも肉の塊を、フライパンの上でゆっくり加熱。焼く時の火加減はチリチリチリ・・・と控えめな音が聞こえるくらいがベストな食感に。アルミホイルで包み十分休ませることで、オーブンを使わなくてもジューシーに仕上げることができ…

プーレ・ディアブル (鶏肉の悪魔風) 高橋 雄二郎シェフのレシピ

レシピ ピックアップシェフレシピ コツ・ポイント プーレ・ディアブルに合う基本のソースがポイントです。丁寧に煮詰めることが重要。エシャロットをバターで炒めるとき、ワインを煮詰めるときには火加減に注意し、焦がさないこと。焦げそうなら火からおろす…

鮪のソテー 冷製カレー風味マヨネーズソース 金子 淑光シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 鮪を香ばしい霜降りになるよう、オリーブオイルを熱した強火のフライパンで表面をソテーしてください。ソースは硬さがポイント。お湯を入れて適度な硬さにしたら、一度冷やしてから使いましょう。 4人前/調理時間:約30分 材料・調味…

ご飯と美味しいフォンドボーのオムレツ 嶋倉 秀一シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント オムレツをキレイに巻いてみましょう。ただ お伝えするのが難しいのがオムレツの巻き方です。サラダ油と卵の量をバランスの良い分量で仕上げていくのが一番のコツで、巻き方は練習あるのみですね。形が崩れたとしても、このソースはご…

ふわとろチーズオムレツ 芹沢 海シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ゆっくり丁寧に作りたい気持ちをぐっとこらえ、短時間で一気に作ること!焼き時間は30秒!がトロトロのコツ! 1人前/調理時間:約1分 材料・調味料 分量 下準備 たまご 2個 チーズ 適量 オリーブオイル 適量 作り方 1 ボウルにタマゴ…

出汁焼き卵 鎌田 雄志シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 丁寧にじっくり、焦らずやる事! 4人前/調理時間:約15分 材料・調味料 分量 下準備 卵 2個 卵黄と卵白に分ける 帆立貝柱水煮 1缶 10g×2を計っておく ■ ☆かつお出汁餡 かつお出汁 180cc 冷まして90cc×2を計る 薄口醤油 5cc 味醂 5…