はてなTVレシピ食堂

テレビで紹介された料理のレシピ、作り方を詳しく解説しています。テレビよりさらに分かりやすい♪テレビ番組のレシピです。

100%豚肉と鰹塩昆布のハンバーグ 細谷 吉応シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ハンバーグを焼くときに少し水を入れて、蒸し焼き状態にするとジュワット肉汁の出るハンバーグができます。お肉を成形する時、手に少し油をつけると、お肉が手からはがれやすく成形もしやすいです。 2人分/調理時間:約40分 材料・調…

簡単調味料シリーズ 醤油たれ 鎌田 雄志シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ●冷蔵保存で約1カ月持ちます。※取り出す際は、清潔なスプーンなどをご使用ください! 一瓶/調理時間:約10分 材料・調味料 分量 下準備 濃口醤油 240cc みりん 90cc 料理酒 110cc 作り方 1 調味料をすべて合わせて鍋に入れ、中火にか…

グラタン ドゥフィノア(じゃがいものグラタン) 牛之濱 慎悟シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント フランス南東部、ドフィネ地方の郷土料理。肉料理の付け合わせとして、フランスの家庭でよく食べられている定番料理です。じゃがいものデンプンでソースにとろみをつけ、ベシャメルのように仕上げます。じゃがいもは鍋で7割ほど、あと…

ギリシャ風ポテサラ ”パルテノの白いガトー” 木口 直樹シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ポテトサラダは温かいうちに仕上げると味が馴染みやすいです。具材はお好みで変えてもいいでしょう。ムースはクリームがしっかり立ってないとダレやすいので気をつけます。丸型に内側に油を塗ると型から抜きやすいです。 4人前(直径…

猪  シャルキュトリー 赤塚 ももシェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 猪のテリーヌは特に火入れを慎重に心掛けます。ひき肉にした猪とレバーを合わせたファルスと一度カシス煮にした猪のファルスとの二層構造で、アクセントに無花果を入れました。低温でゆっくりと火を入れていきます。 10人前/調理時間…

スナップえんどうのチョップサラダ 兼子 大輔シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 新鮮なスナップえんどうを選びましょう。材料を細かく刻み過ぎずに、食感が残り、馴染む大きさにすること。茹で時間は、1分程度が目安です。 4人前/調理時間:約15分 材料・調味料 分量 下準備 スナップえんどう 240g(約30本) スジ…

しょうゆサバイヨンソースをかけた温野菜 兼子 大輔シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント おなかにやさしい温野菜に「ヤマサ鮮度の一滴 減塩しょうゆ」を使用したサバイヨンソースを組み合わせた一品。ドレッシング以外に魚料理などにも使える、とろみのあるソース。卵黄に熱を加え、ホイッパーでかきたてることよって乳化さ…

茹で上げスナップえんどう クリームチーズのソース 兼子 大輔シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント スナップえんどうの茹で加減は、ほんの少し長めの1分半程度に。あくまでも茹で過ぎず、食感を楽しめる硬さにしましょう。茹で湯の塩加減は、パスタを茹でるときと同程度。塩は少し多めに入れるといいでしょう。 4人前/調理時間:約15…

鶏もも肉のコンフィ はちみつ柚子胡椒のソースで nakayama takaoシェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ソースが決め手です。アジアのスイートチリソースのように「甘くて辛くてすっぱくてしょっぱい」バランスのいいソースをイメージしました。そのバランスを崩さないように、またなぜだか熱いコンフィに冷えたままのソースがよく合いま…

ゆで卵のチーズベネディクト風 嶋倉 秀一シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ・ゆで卵は酢、塩を入れたお湯で茹でると割れても漏れてこないのでキレイに仕上がる。・ソースはチーズを溶かして、生クリームを大さじ1杯づつ混ぜるとダマにならない。・ソースは少し濃い味でゆで卵と相性がいい。・彩りに冷蔵庫の…

島そらまめの冷製ポタージュとタルティーヌ 笹嶋 伸幸シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント *島そらまめは、さやから出したら、皮ごと下茹でします。*ポタージュはミキサーでなめらかになるまでしっかりかけましょう。 4人前/調理時間:約25分 材料・調味料 分量 下準備 ■ ポタージュ 島そらまめ 200g 皮ごと下茹でしておく…

じゃがいもといんげんのサラダ レムラード風 松本 浩之シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 味をなじませるために、マッシュしたじゃがいもが温かいうちにソースとからめるのがポイント。マヨネーズと粒マスタードを5:4の割合で混ぜるソースは応用が利き、覚えておくと便利。蒸し野菜のディップなどにおすすめです。 4人前/…

クスクス ロワイヤル 松本 浩之シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 仔羊は一度水で煮てゆで汁を捨て、肉の表面を流水で洗って余分な脂を取り除きます。このひと手間でスープが澄んだサラサラの状態に仕上がり、スムールに味がなじみやすくなります。スープを煮込み浮いてきた脂はそのままに。熱を逃さ…

ポタージュ キュルティバトゥール 渡辺 雄一郎シェフのレシピ

レシピ ピックアップシェフレシピ コツ・ポイント 1cm角ほどの《ペイザンヌ》に切りそろえた野菜を、じっくりゆっくりバターで蒸し煮するように炒めていき、野菜の持つ甘さやエッセンスを引き出すこと。味付けはベーコンの塩気を考慮して、塩加減を決めてく…

スープ ド シャンピニオン(きのこの濃厚スープ) 今田 一之シェフのレシピ

レシピ お店の逸品レシピ コツ・ポイント 1.玉ネギは甘みが出るまでしっかりと炒める2.きのこは少し色付けるようにして炒める3.ミキサーにかけるときは、滑らかになるまでしっかりと回す 4人前/調理時間:約30分 材料・調味料 分量 下準備 しめじ 100g(1pc…

カツオをまとった鶏ささみのパネ ”ヤマキへのオマージュ” 木口 直樹シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 「パネ」とはとんかつのように衣をつけ、カリッと揚げたり焼いた料理です。今回はパン粉の代わりにカツオ節でアレンジしました。焦げやすいので油温度に注意します。ソテーで火を入れるのは温度管理が容易なことと、仕上がりの油っこ…

オイスターホースバック 夏目 安彦シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント トマトソースはトマトピュレをくわえて20~25分、水分を飛ばしながら弱火で煮詰める。裏返し、静かに天板に移し10分間、180℃のオーブンで焼く。 4人前/調理時間:約40分 材料・調味料 分量 下準備 牡蠣 20粒 白葡萄酒 適量 おろしニ…

白身魚のセイロ蒸し 生姜オイルかけ 中国風 夏目 安彦シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント この料理はタイミングが大切なので手早く作らないと失敗します。準備をきちんとしてください。 4人前/調理時間:約20分 材料・調味料 分量 下準備 白身魚(80~100g) 4枚 または帆立貝(生食用) 3~4個 白葡萄酒 適宜 【野菜炒め…

アボカドとズワイ蟹の焼きニンニクのアイオリソース 奥村 隆シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 美味しさの秘訣1.ニンニクの皮ごと焼くのがポイント、オーブントースターで串がすっと入るぐらいまで焼きます。2.ソースの塩加減に注意3.アボカドにひとつまみ程度の塩をかけることによって、アボカドの味が濃くなりソースに負けなく…

フレッシュいちごのゼリーがけ 川手 寛康シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 生クリームは8分~9分立ての硬めにすることで、いちごを乗せても安定してくれます。 4人前/調理時間:約30分 材料・調味料 分量 下準備 いちご 12個 よく冷やしておく ■ ゼリー いちごのピューレ 300g ※いちごをつぶしたものでも可 …

ぶなしめじのクリーム仕立て えのきをのせたホタテ貝添え 岡本 英樹シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 本来マッシュルームの料理を、和のきのこでアレンジ。ぶなしめじは、炒めてから煮込むのでたっぷりと使います。えのきと玉ねぎ作ったデュクセル(細かく切って炒めたもの)は、歯ごたえの良さを楽しめるトッピングに。※顆粒スープはお…

博多のトマトを詰めたトマトのベニエ 海苔風味 アスパラ添え 岡本 英樹シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント トマトを「まるごと」揚げる、お洒落な前菜のご紹介。トマトはできるだけ油で揚げやすい小ぶりなものを選ぶと、揚げやすいです。ソースを詰め終わったトマトの蓋になるのは、バターです。小麦粉ではなく、細かいパン粉を使用すると粉…

ビールに合うフレンチ鍋”カルボナード” ソースラヴィゴット  木口 直樹シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ”カルボナード”は北フランス、ベルギーに近いフランドル地方の郷土料理です。ビールのほろ苦さが今までの鍋にない風味です。トマト風味やチーズを合わせてもおいしいです。薄切りの具材なのですぐ火が入ります。煮込みすぎないように…

パルテノ ガレット グラタン ~ブルトン~ 木口 直樹シェフのレシピ

レシピ 森永乳業 ギリシャヨーグルトコンテスト 最優秀賞 コツ・ポイント クレープ生地は混ぜ合わせてすぐではきれいに焼けないので30分位休ませます。焼くときのフライパンの温度にも気をつけましょう。高すぎても低すぎてもいけません。ゆでたじゃがいもは…

『朝食ガレット』 パルテノアパレイュ 小幡 知哉シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント 手軽に朝から楽しめる朝食に最適です!朝から心も体も元気になります!お好みで季節の物を使いましょう! 1人分/調理時間:約5分 材料・調味料 分量 下準備 ■ 生地 薄力粉 大さじ3 牛乳 50cc 玉子 1個 塩 少々 ■ 具材 ベーコン 適…

福富れんこんのマリネとムースキャベツ包み 桜エビのアクセント 笹嶋 伸幸シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント *れんこんをすりおろしたら、良く水分を切ります。*れんこんをソテーする時しっかりと塩・胡椒をすると、後から加えるビネガー・白ワインに負けません。*キャベツは茹で上げたら冷水に取らず、タオルなどバットに敷いたものの上に…

イサキと夏野菜のマリネ  ハーブとスパイスの二種のソース 岩井 大樹シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント サルサベルデも甜醤油もまとめて作ると色々なものに使えて便利です。サルサベルデは魚以外にも温野菜やグリルしたお肉にも合います。冷凍で1ケ月持ちます。甜醤油は野菜炒めやラー油とにんにくを足して冷しゃぶにも合います。冷蔵で1…

三色カラーピーマンのマリネと垂水カンパチのセジール 笹嶋 伸幸シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント フレンチの調理法・セジール(素材の表面を、強火で手早く焼き固める技法)をお教えします。脂ののった垂水カンパチをセジールし、食感と香ばしさをプラス。カラーピーマンの甘みと酸味で脂っぽさをやわらげます。※食べる前日に作って…

帆立貝のフレッシュマリネ サフランとレモンの香り 清水 忠明シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント ・ビネガーに火を入れる際、玉ねぎと人参のシャリっとした食感を残します。・熱したオリーブオイルにビネガーを注ぐことで、コクと深み・まろやかさを出し、程よい酸味に仕上がります。 4人前/調理時間:約15分 材料・調味料 分量 下…

ラタトゥイユ 高良 康之シェフのレシピ

レシピ コツ・ポイント フランス南部プロヴァンス地方、ニースの野菜煮込み料理。野菜を全部一緒に煮込まずに、まずタマネギとトマトをソース仕立てにすることが、彩りよく仕上げるコツ。食感のために野菜の大きさは切り揃え、パプリカの皮はむきましょう。…