読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなTVレシピ食堂

テレビで紹介された料理のレシピ、作り方を詳しく解説しています。テレビよりさらに分かりやすい♪テレビ番組のレシピです。

おせち

 

おせち料理とスピリチュアル

 

おせち料理は、年神様にお供えする料理であり、

家族の幸せや、家内安全を願う縁起物の料理でもあります。

おせち料理にはおめでたい言霊が含まれていたり、

食材にもスピリチュアルなパワーを持つものが

ふんだんに使われていたりと、いいことがいっぱい!

今回は、おせち料理のスピリチュアルな意味と、

スピリチュアルなパワーを最大限にいただく方法をまとめました。

おせち料理・行事の由来

おせち料理の由来とは

おせち料理の由来は、平安時代にまでさかのぼります。

朝廷では、季節の変わり目の「節」に神様にお供え物をして

宴を開く行事が行われており、

その時に出される料理が「おせち料理」の始まりだったそうです。

なので、昔は元日だけでなく三月三日の桃の節句や、

五月五日の端午の節句、など折々に「おせち料理」がありました。

おせち料理が現在の正月料理の形になったのは江戸時代のこと。

日持ちのする料理が多いのは、

三が日には台所で火を使わず火の神様を怒らせないようにする風習 

からと言われています。

年神様 とは、新年の神様で、家々に1年の実りと

幸せをもたらすために、高い山から降りてくると考えられています。

おせち料理をいただくのも、

門松やしめ飾り、鏡餅を飾ったりするのも年神様を歓迎するための準備です。

おせち料理・重箱の意味

おせち料理重箱に入っていますが、

これは「めでたさを重ねる」「福を重ねる」の意味です。

食べる順番は一の重、二の重、と上からいただくのがマナーです。

なお、二段重や三段重が主流になっていますが、四段重が正式。

一の重・祝い肴

一の重には、田作りや黒豆、数の子、きんぴらごぼう

など酒のつまみになるような「祝い肴」が詰められます。

二の重・口どり

二の重は「口どり」と呼ばれ、かまぼこ、栗きんとん、

だて巻き、昆布巻きなど甘い物が中心になっています。

三の重・焼き物

三の重には、焼き魚や海老などの焼き物が入ります。

与の重・煮物

四は「死」を連想させる不吉な数字なので、

四段目は「与の重」と呼ばれます。

野菜の煮しめや筑前煮などの煮物が詰められます。

五の重・控えの重

五の重は「控えの重」として、

年神様から預かった福を入れるために空にしておく という地域もあるそうです。

おせち料理・縁起物の料理の意味

おせち料理の意味・いわれ

祝い肴編

田づくり

昔、小魚は肥料として田畑に撒かれていました。

転じて、五穀豊穣を祈るおせち料理として

小魚の田作りが食べられるようになったと言われています。

黒豆

豆には、「魔(ま)を滅(め)っする 」の言霊があり、

スピリチュアル的には魔除けの意味があります。

また、おせち料理では「マメに働く」の語呂合わせで

一年健康に働けるように、という願いを込めていただきます。

数の子

ニシンの卵は数が多く、子孫繁栄の縁起物とされます。

「二親」の語呂合わせの意味も。

きんぴらごぼう

太くて長く根を張るごぼうは、安泰の象徴です。

家がその土地にしっかりと根を張るように 、

との願いを込めて、

おせち料理ではきんぴらごぼうやたたきごぼうでいただきます。

おせち料理は縁起物

口どり編

紅白かまぼこ

紅は慶び、白は神聖を表す色で、かまぼこは「日の出」を象徴します。

お正月には欠かせない縁起物です。

栗きんとん

黄金色の栗きんとんは、沢山の金、富を得ることを祈願 し、

また「勝ち栗」から勝負運を祈る料理です。

伊達巻き

伊達巻きは、「華やかな巻物」と言う意味。

おしゃれで、人目を引く、晴れの日に欠かせない存在です。

昆布巻き

子生(こぶ)」の字をあてられる昆布には、

子孫繁栄の願いが込められます。

また、「養老昆布(よろこぶ)」で不老長寿とお祝いの縁起物ともされます。

焼き物編

焼き魚

当主や子供の出世を願い、出世魚のブリやコハダが使われます。

また、「めでたい」の語呂合わせで鯛も登場します。

海老

腰が曲がった海老は、長寿の象徴。

長生きしますようにと言う願いを込めて縁起物として食べられます。

煮物編

煮しめ

根菜を中心とした野菜などを一緒に煮た「煮しめ」は、

家族が仲良くいっしょに結ばれる意味 に由来します。

大きな目をつける「くわい」は立身出世の願いを込めてよく使われます。

筑前

里いもは子いもをたくさんつけることから子孫繁栄

れんこんは「先を見通す」意味の縁起物です。

手綱こんにゃく

こんにゃくをひねって手綱に見立てた手綱こんにゃくは、

手綱を締めて心を引き締める という意味があります。

おせち料理・食材のスピリチュアルなパワー

おせち料理はパワーフード

太陽のエネルギーを浴びて育った食材

豆や栗など地上の野菜や穀物には、

太陽から受けたエネルギー がたくさん含まれています。

白米や餅、お酒はスピリチュアル的に

最もエネルギーの高い食材です。

大地のエネルギーを含む根菜

にんじんやごぼう、だいこん、里いもなど、

土の中で育った野菜には

大地のエネルギー をふんだんに吸収しているパワーフードです。

モチベーションや活力を引き出してくれるため、

新年の始まりにいただくのにもぴったり。

作り手のエネルギーがこもった料理

料理には、食材そのものが持つエネルギーだけでなく、

作り手のエネルギー も乗ります。

同じ食材を使って、同じように調理をしても、

心を込めて料理したときの方がエネルギーが高くなるのです。

それは、「味」に表れることもあれば、

食べた後で何となく気分が変わる、

ということもあります。

レストランで、料理は美味しかったけれど、

なんだかもう行かなくてもいいかな、

と思うようなときはエネルギーが低いサインかもしれません。

おせち料理も、良い作り手のところから買うか、

または自分で丁寧に心を込めて作るのが良いでしょう。

スピリチュアルなパワーを受け取るおせち料理のいただき方

おせち料理のいただき方

おせち料理は、慶事用の「祝箸」でいただきます。

祝箸は両端が細くなっていますが、

これは「神様と共に食べる」という意味があります。

食べるのと反対側は、

年神様が食べるためですので、

取り箸に使ってはいけません。

食材の意味や、食材が育って来る間に受けた大地と太陽のエネルギー、

そして作り手への感謝の気持ちを感じながら味わうと、

おせち料理のエネルギーを最大限に受け取ることができます。

GLOBOな視点・豪華さよりも、気持ちが大切

おせち料理を年末に全部手作りして、

お正月にはへとへとになってしまった、

という人がいました。

確かに、

買ってくるよりは心を込めて手作りした方が

料理にエネルギーが乗ります。

でも、

それで疲れすぎてしまったり、

「どうしてこんなに苦労しないといけないの?」

と不満が出てしまうと逆にネガティブなエネルギー 

を新年から家族に食べさせてしまうことになります。

また、

せっかく気合いを入れて作っても

珍しい料理で小さいお子さんなど、

家族からあまり好まれずに

ガッカリしてしまうこともあるかもしれません。

あまりこだわり過ぎず、

バランスを取ることも大切 だと思います。

一品だけでも丁寧に作って、

あとは出来あいのものを利用するとか、

おせち料理の食材で家族の皆が好きな料理に

アレンジしてあげるとかでも良いわけです。

大切なのは、心=エネルギーがこもっていること。

お正月に皆が幸せになれることをイメージして、

自分のスタイルに合ったおせち料理を楽しみましょう。

広告を非表示にする