はてなTVレシピ食堂

テレビで紹介された料理のレシピ、作り方を詳しく解説しています。テレビよりさらに分かりやすい♪テレビ番組のレシピです。

干鱈とじゃがいものブランダード 荒木 栄朗シェフのレシピ

レシピ

 

干鱈とじゃがいものブランダード

コツ・ポイント

コツ・ポイント

南仏の代表的な郷土料理。本場では保存食である干鱈を使用します。干鱈はしっかり牛乳で戻しましょう。練り過ぎない様にじゃがいもと混ぜるのがポイントです。鱈の切り身を使用すれば戻す手間もなく簡単です。塩分が異なるので、味は塩で調整を。
※調理時間に、干し鱈を戻す時間は含みません。

4人前/調理時間:約20分
材料・調味料 分量 下準備
干鱈(乾燥した状態)   約100g  戻す(ふやかすと倍量になる) ※生の切り身でも可 
じゃがいも  大3個  皮付きのまま塩水でやわらかくなるまで茹でる 
無塩バター   100g   
塩   少々   
コショウ   少々   
生クリーム  30cc   
 飾り(あれば)  
タイバジルなどの葉   適量   
 干鱈または切り身の下処理用  
牛乳  200cc  ※切り身の場合は、骨と皮を取り、約1分煮てほぐせばOK 
水   200cc   
ローリエ(あれば)   1枚   
タイム(あれば)   1本   
塩   少々   
白コショウ   少々   

作り方

  1. 1

    作り方 1

    干鱈は生臭さを取るため牛乳に一晩つけてふやかす。翌日水と調味料を入れて火にかけ、中火で煮てやわらかくし、余分な塩分を出す。骨と皮を取ってほぐし200g用意する。

  2. 2

    作り方 2

    茹であがったじゃがいもが熱いうちに皮を剥き、裏漉しする。鍋を弱~中火にかけてバターを溶かしたところに、裏漉ししたじゃがいもを入れる。

  3. 3

    作り方 3

    弱火にし、ヘラでじゃがいもとバターを練り混ぜる。

  4. 4

    作り方 4

    ほぐした鱈を入れてよく混ぜ合わせたら、生クリームを入れて更に混ぜ、塩・コショウで味を調える。

  5. 5

    作り方 5

    ヘラで押さえるようにしながら、中心を高めに器に盛る。あればタイバジルなどの葉を飾って完成。バケットやクラッカーを添える。