はてなTVレシピ食堂

テレビで紹介された料理のレシピ、作り方を詳しく解説しています。テレビよりさらに分かりやすい♪テレビ番組のレシピです。

すき焼き 和風フォンドボー仕立て 嶋倉 秀一シェフのレシピ

レシピ

 

すき焼き 和風フォンドボー仕立て

コツ・ポイント

料理全般に言えることの一つに分量をまもることがあります。今回のすき焼きは、割り下の水の代わりに西洋フォンドボー缶詰の旨味を加えることで、醤油のコクと旨味をクッキリと表に出してみました。また溶き卵にお好みで加えるパルミジャーノチーズでふんわりとしたマイルドなお味で。

2人前/調理時間:約15分
材料・調味料 分量 下準備
牛すき焼き用スライス   200グラム  できればA4ランク、A5ランクの国産牛 
ネギ  2本  斜め切り 
焼き豆腐   2分の一丁  程よい大きさにカット 
しいたけ  2コ  いしづきを取る 
しらたき   200グラム  給湯器のお湯で洗う 
生麩スライス   4枚   
水菜  一株の1/2  5cmにカット 
フォンドボー缶詰   大さじ3抔   
有塩バター   8グラム   
しょうゆ   大さじ3杯   
みりん   大さじ3杯   
砂糖   大さじ1.5杯   
牛脂   1コ   
タマゴ  2コ   
パルミジャーノチーズパウダー   小さじ1   

作り方

  1. 1

    具材を盛り付けます。材料をカットし、野菜と牛肉、しらたき、生麩をレンジで軽く温めた牛脂をぬった鍋に盛りつけます。

  2. 2

    割り下の準備をします。フォンドボー、有塩バター、しょうゆ、みりん、砂糖を小さい別鍋で一度煮溶かし、具材の入った鍋に脇からそそぎます。

  3. 3

    生たまごをといて、鍋を火にかけおいしく煮えたら、まずはお召し上がりください。そしてパルミジャーノチーズを卵に入れてお召し上がりください。

  4. 4

    想像以上に相性よく、濃すぎず、甘すぎず、うますぎず。
    いいえ!うまいです。
    隠し味の西洋調味料はワンランクアップしてくれます。