はてなTVレシピ食堂

テレビで紹介された料理のレシピ、作り方を詳しく解説しています。テレビよりさらに分かりやすい♪テレビ番組のレシピです。

紅王(甘鯛干物)ポワレ アラから出汁をとった軽いバターソース 笹嶋 伸幸シェフのレシピ

レシピ

 

紅王(甘鯛干物)ポワレ アラから出汁をとった軽いバターソース

コツ・ポイント

甘鯛干物のウロコはつけたまま、皮目をカリカリに焼きます。
甘鯛の旨みを余すことなく使えるよう、アラから出汁をとり、バターを入れてソースにします。

4人前/調理時間:約35分
材料・調味料 分量 下準備
紅王(甘鯛干物)   2枚  頭と骨を外しソース用にとっておく 
オリーブオイル   適量   
 ソース  
紅王(甘鯛干物)のアラ   2枚分   
にんにく   1片  半分にきり、芽をとっておく 
タイム   2本   
ローリエ   1枚   
粒白コショウ   7~8粒   
鶏ブイヨン   150cc   
バター   50g  解けやすいようサイの目に切っておく 
レモン汁   適量   
 盛り付け  
赤軸ホウレン草   適量  茹でて水におとし、水分を絞っておく 
ピンクペッパーの皮   適量  皮をむく 
チャービル   適量   

作り方

  1. 1

    【ソース】甘鯛のアラをグリルもしくはトースターなどで香ばしく焼く。

  2. 2

    焼いたアラ、にんにく、タイム、粒白コショウ、ローリエ、鶏ブイヨンを鍋に入れて15分~20分ほど煮だす。

  3. 3

    バターを加えて溶かし、レモン汁を加えて火を止める。

  4. 4

    ポワレ】フライパンにウロコが浸るくらいのオリーブオイルを入れ、中火で甘鯛の皮目を焼く。皮目がカリカリに仕上がったら引き上げ、油をきる。反対側を焼く必要はない。

  5. 5

    【盛り付け】ソースをお皿に流し入れ、赤軸ホウレン草を中央に盛り、その上に甘鯛をのせる。色目でピンクペッパーの皮とチャービルを添えて完成。